2018/04/13

八九式中戦車乙型 その4~完成

もう、忘却の彼方に沈んで久しかったファインモールド製AM誌付きキットの八九式乙型であります。

九七式、九五式のところで触れましたが、今回、ずーっと放置してあったこれも、塗装を行って、完成ちゃんでありますの。
な、なんと前回の記事は2011年1月のことでありましたぞな、いやいや7年…
111ot6091112ot6092
当時組み終えていた状態が上の写真でありんした。
ま、プラモデルの作りかけは、7年くらいは放置してあっても全然平気、という実例でありんすな(笑)
121ot6268122ot6270
塗装作業の詳細は、九七式と全く同じであります。クレオスの日本陸軍戦車迷彩色セットの前・後期ともに使い、筆塗りと、エアブラシを併用して基本塗装を行っています。
では、今日は、完成画像まで、ずぃーっとお付き合いのほどをば。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/12

九五式軽戦車北満型

ちょっと前に、予告しましたファインモールド製九五式軽戦車ハ号北満型でありますよ。

111kh6093
以前、通常型の九五式軽戦車を製作したことがありましたが、今回は北満型。
キットは、実はそのときに一緒に購入してあったもので、2個一で、破損、放棄された車両の朽ちた姿をディオラマにしようと思い、計画していたものでしたが、時期を逸してしまったため、放置してあったのでした。
今回は、九七式と八九式を塗装するのに合わせて、同時進行で製作したものであります。
112kh6094
九五式はファインのキットの中では古い部類に属しています。結構あちこち隙間ができたりして、面倒でもありますが、排気管のメッシュのエッチングパーツなどが付属し、ほぼディテールアップができるのはありがたいところ。
今回は、前回の製作で余っていたファインモールド製のエッチングパーツを併用して組んでみました。
途中まで、キット付属のベルト式履帯を履いていますが、これは、後にモデルカステンの履帯に置き換えることになりました。
今回はちょっと長いですが、一気に完成画像までご笑覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/08

3号戦車J後期型 その6

以前フィニッシュしたタミヤのL型改造3号戦車J後期型。

ウェザリングの加減が、気に入らなかったので、ちょっと修正してみました。
合わせて、パッツンパッツンだった履帯を、1枚リンクを増やしてあげることで、弛みを持たせてみました。
600j6426
フィギュアは、タミヤの国防軍戦車兵のセットから。
601j6428523j3578
以前のフィニッシュ画像の中から、似た画角の画像を並べてみます。左=新、右=旧、でありますよ。
あまり変わらない?…残念。
ま、でも完成画像を並べてみますので、ご笑覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/07

ドラゴンのチハ その5~完成

大抵は、ブログの記事と、模型の製作の進行具合はリンクしていません。ブログの記事は、まとめて書いているので、どうしても実際の進行よりも遅くなってしまいますの。

へへ、という訳でもありませんが、ドラゴンの九七式中戦車チハ前期型前回の記事から間をおかずにフィニッシュでありんすよ。
今日は、例によって、完成画像をば、ずらーっと並べてみましたので、ご笑覧くださいませ。
024ch6514
結局、ウェザリングは今回も控えめ。
023ch6526
とはいっても、ね、ま、一応やることはやってはいますの。各工程での施し方が軽め、ということなのです。
で、ちょっと離れてみるとあんまり強い印象がないくらい…
緑と茶色の迷彩って、それ自体がもともとあまり目立つ色にはならないところ、黄帯が入ることによって、なんとか、印象を持たせていられる、という感じですかな。
これが後期の迷彩になると黄帯が消えてしまうので、きっともっと基本塗装で明暗を付けないと間が持たない、というか、印象的な作にならないような気がします。
さて、では、続きをば、お目汚しに。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンのチハ その4~ウェザリング編後編

引き続き、ドラゴンの九七式中戦車チハ前期型(というのが正式な名称だったりします)を作っています。

401ch6470
油彩の乾燥を待って、車体上部を中心に艶消しクリアを吹きました。使用したのは、Mr.Hobbyの艶消しクリアで缶スプレーのヤツですな。
402ch6471
艶消しの効果がでると、油彩の効果はやや穏やかな感じに落ち着きます。薄く溶いた油彩は、乾燥するとマットな仕上がりになるものですが、車両全体におけるバランスで言うと、やや艶にムラが生じるため、やっぱり艶消しクリアは吹いた方がいいな、という訳なのでありますよ。

では、今日は、やはりあまり分量は多くありませんが、一応ウェザリングの終了まで、ここまで来ると、もう終わりが見えてきていますので、ちょこっとですが、ご笑覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/06

マケットの38(t)

以前ちょこっと製作記などでチラッとお目見えした38(t)戦車であります。

むかーし製作した作品でしたが、塗装を落として、吹きなおしたもの。
そのときは、キットのメーカーさえ不明な状態でしたが、その後分かりました。
今となっては懐かしいマケット製でした。
20138t5961
型式は、おそらくはC型ということになるのだろうと思いますが、よく分かりません(泣)
手元に残っていた旧トライスター(現在はHobby Bossに金型が移管しているのかな?)の38(t)に付属していたフィギュアを乗せてみます。
30138t6097
吹き直しの塗装は、クレオスのモデュレーションセットを使用し、やや強調する方向で行いました。
今日は、完成画像をば、以下ご笑覧頂こうと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/04

ドラゴンのチハ その3~ウェザリング編前編

ドラゴンの九七式中戦車チハ、油彩でのウェザリング作業を行いました。

301ch6293
黄帯は、1000番のペーパーを当て、筆目を消す作業を行いましたが、ボルトと鋲の戦車ですので、これがきれいにはやはり行きませぬ。ま、目立つところを中心にね、という感じが限界でありました。
302ch6294
ペーパーを当てると、黄帯だけなく、その周囲も削れてしまいますので、リタッチ。で、半艶クリアを吹き、やっとこさのスミイレでありんす。
今日は、あまり作業がはかどっていませんので、続きもちょっとだけ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/28

ドラゴンのチハ その2~基本塗装編

ドラゴン九七式中戦車チハの2回目であります。

今日は基本塗装まで、ご覧頂こうと思いますが、その前に組立の追加を少々。
足回りでありますよ。
201ch6239
履帯は、部分連結組立式。起動輪、誘導輪部分は、一コマずつを組みますが、上部、下部は、適度に分割されていて、特に上部転輪にかかる履帯の垂れさがりは、冶具が用意されている親切さ。
スイングアームを、際下端にすると(ダボはあるのですが、ちょっと緩い)、第一転輪と最終転輪がコンマ数ミリ程度ですが、「浮き」ます。
203ch6241
アタシは、スイングアームを緩めに接着していたつもりでしたのですが、やっちまいましたの。
で、一旦取り外したりして調整し、まま、なんとか修正ちゃん。これから組む方は気を付けられるとよいかと…
枚数は、キットの指示通り。

では、続きをば、ご覧いただけましたら幸いです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/17

ドラゴンのチハ その1~組立編

予告からちょっと時間が経ちましたが、今回は、旧陸軍の主力であったチハ車です。

100ch6083
久しぶりの新しいキットでもありますよ。
101ch6089
基本的にドラゴンのキットは嫌いではありません。これは17年に出た新作でもあります。
102ch6086
ただね、どーしてもどうしようもないんだけど、というのがこのプライスタグ。なんとかならんのでしょうかね。
ま、ぶつぶつ不満を言っていても仕方ないので、とっとと作り始めました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6ポンド砲 その3 完成

6ポンド砲ガンポーティの続きでありますが、まずは訂正から。前回の記事でガンポーティのトラックを”シボレー”と記載していましたが、これは誤りでした。正しくは”ベドフォード”製のトラックでした。

さて、前回は、油彩での作業まででしたが、油彩の乾燥後、デカールを貼り(これ、ほんとは、デカール貼の方を先にすべきでありますよ、今回は、デカール貼るところはツヤを維持したまま作業していましたので、例外ね)、その乾燥後、フラットクリアを吹いて、やっとピグメントでの仕上げ作業を行います。
3006pd6152
今回使ったのは、Migのピグメントのうち、砂漠辺りの色を砂色、ホコリ色として三色ほど、と黒、サビ色がやはり三色ほど。
3006pd6154
足回りは、見えないですが、シャシーや荷台の裏側も入念に(笑)、粉作業ちゃん。(ま、この辺は気分的なもんです、はい)、左側の雑具箱がひとつ、油彩の作業と粉作業で使った溶剤(ぺトロールとアクリル溶剤)の影響からか、シャシーへの取り付け位置から、折れて、取れちゃいました。
接着部分を加工してまた取り付けることも可能でしたが、取れちゃったあとの感じが、割といいので、ま、これはこれで、壊れちゃってる風でいいことにします。
3006pd6155
タイヤの汚れは、トレッドに残す程度に最後に落とします。
3006pd6157
主役であった筈の6ポンド砲は、チッピングも派手目にいれてありますので、ピグメントは、砲架部分になんどか施す程度で仕上げました。
んで、最終的に、ガンポーティになった姿がこちら。
3046pd6193
以下、完成画像をば、例によってずらずらずらっと並べてみます。ご笑覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«6ポンド砲 その2