2017/11/29

エレファント 完成

さて、今回はエレファントです。P虎と同様、何年も前に組立を終え、なんとなく、理由もないまま、塗装に取り掛かることなく放置してあった作品でした。

キットはプレミアムエディションのエレファントで、フェンダーなどに大判のエッチングパーツが用意され、金属砲身が付属する、というドラゴン・サイバーの白眉といっていい時代のキットでした。
まだツィメリットコーティングがモールドされていない時代のキットでしたので、コーティングは、エポキシパテ+コーティングローラーで施しています。
201ep5204
車両と一緒に写っているフィギュアは、たまたま製作中だったもので、エレファントとの関係性はありませんです、はい。
202ep5212
砲番号の設定と塗装は、フィクションで、実際の324号車を再現したものではありません。
では、以下、完成画像をば、いつもと同様にご笑覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ポルシェティーガー 完成

製作記としては物足りない極みではありますが、P虎もフィニッシュしました。

組立後、けっこう長いこと未塗装のまま放置してあったものですが、数年程度のスパンでは、プラに生じる経年劣化の心配はなさそうです。
もちろん、ホコリまみれにしたりすれば、その限りではないだろうと思いますけど…
201ptg5182
このところ、完成作品をまとめてブログにアップしていますので、あんまり変わり映えせんなぁ、という気も…(笑)
202ptg5167
今回は、ウェザリングは、かなり控えめのフィニッシュであります。とくに普段強調する油彩とピグメントの使用はごく控えめで、できるだけ「きれいな」仕上がりにしたいな、と思ったのでした。
では、完成画像をば、以下ご笑覧ください。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/26

ドラゴンパンターA後期型 その4

ドラゴンのパンターA 後期型もいよいよフィニッシュであります。

400ph5110
前回からの作業としては、足回りを中心にピグメントを用い、ウェザリング。今回は車体側は控えめで、自身の塩梅としては、やや軽め、でフィニッシュしてみました。
401ph5116
製作中だったフィギュアを乗せて(固定はしてありませんの)。
では、完成状態を以下、ご笑覧くださいませ。
ギャラリーをどこかで作って、以前のようにお目汚しにしたいのですが、なかなか捗りませんで、しばらくは、こうしてブログ上での完成お披露目が続くことになると思います。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ティーガーI 初期型その7

最近、隠れていましたが、初期型車体に後期型足回りというハイブリッドティーガー。

ピグメントで改めて汚しをして、今回フィニッシュとしてみました。
701tg4957
以前にも書きましたが、ピグメントでの作業中は、どうしても汚れるので、なかなか作業中の様子を撮影するのが憚られます。カメラもウェザリングしちゃうのですね。
今回のティーガーは、出来るだけ、足回りのピグメント使用を控え、飾っても汚れないように、と考えていましたが、履帯のウェザリングには、物足りない風情になってしまう(これが、もう少し小さな車両であれば或は気にならない程度なのでしょうが…)ので、結局、見える範囲を中心にモデルカステンのミリタリーピグメントを中心にいつもと同じ作業を行いました。
で、完成した姿をば、お目汚しでありんすよ。
710tg5067
おさらいでありますが、今回のキットは、ベースはサイバー白箱のフェールマンティーガー。
これを、素直にフェールマン戦隊に所属していたティーガーとはしないで、おそらく、大戦の末期、工場や機材の集積場に残されていたヴェテラン車両を、急遽数合わせで駆り出し、戦線へ送り出した、そういう車両のなかのひとつ、としてフィクションで製作したものであります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/24

戦車兵フィギュア その2

戦車兵フィギュアの続きです。

前回塗装中の何体かをアップしましたが、それらの様子を含めて写真を載せてみたいと思います。
501fg4972
まずは、組んだフィギュアにサーフェサーを吹き、顔など肌部分にはフレッシュを軽く乗せておきます。
502fg5026
フィギュアの塗装にもいろんな方法がありますが、黒立ち上げなどは行わず、サフの上からファレホで筆塗りをしていきます。黒一色の戦車搭乗兵のユニフォームは、黒だけで塗ると陰などは現実の光から生じる影に任せることになります。それでもいいのでしょうが、陰部分を黒で、ハイライトが乗るところは、徐々にグレイを混ぜて明るくしたものを塗るようにしていきます。
筆は、文盛堂の5/0がメインです。
ルーペを覗きながら塗りますが、よく見えないので、結構適当に塗っていきます。
503fg5027
襟章、肩章などは、キットに付属のデカールを使います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/05

ポルシェティーガーとエレファント その1

ずいぶんと以前に(こういうのが最近多いですな)組立まで終えて、未塗装のままだった作を塗装して仕上げてみます。

お題は、P虎とエレファント。
いずれもドラゴンのプレミアムエディションかそれに準ずるキットでした。
まずは、塗装前の様子から。
100ptg4993101ptg4992
ポルシェティーガーは、1両だけが実戦配備されました。配備先は656重戦車駆逐連隊の653重戦車駆逐大隊、本部車両で、「003」のターレットナンバーを付けられた車両の写真が残されています。
エレファントは、当初フェアディナント、とポルシェ博士のファーストネームを付けられましたが、クルスク戦の撤退戦を行ったあと654重戦車駆逐大隊の残余車両を譲り受けて、653重戦車駆逐大隊のみに再編された機会に、ツィメリットコーティングや、車体の対歩兵用火器として機銃の増設などを行われて、「エレファント」と生まれ変わりました。
100ep4988
エレファントのキットは、いくつかあるフェアディナント、エレファントのうち、フェンダーなどがエッチングパーツとなっているプレミアムエディション仕様のもの。
両作ともできる限りエッチングパーツを取り付けて組み立てています。ツィメリットコーティングは、エポキシパテ+コーティングローラーで行っています。
それでは、塗装の様子をば、ご覧下さいませ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/04

ドラゴン パンターA後期型 その3

10月はとうとう更新できませんでしたが、少しずつ、手は動かしていました。

今日は、パンターA後期型の続きをドバっと(笑)、なので、ちょっと長いです。お覚悟召されよ。

まずは、履帯と足回りを仕上げていきました。
311ph4956
エナメル系のウェザリング塗料のみの仕上げでは、やはり手に合わないというか、ティーガーの方も結局ピグメントを使うことになりましたので、今回は、無理をせず、いつものフィニッシュとしてみます。
軽く転輪などにスミイレをした後、主にモデルカステンのミリタリーピグメント3色を履帯に乗せていきます。
312ph4959
ピグメントはそのまま振りかけてもある程度定着するものですが、基本的には、第一段階では、アクリル溶剤に溶いて、使います。
313ph4962
2色目を使う前にきちっと乾燥させて、一旦固めの筆で払い落とし、2色目を乗せていきます。粉のまま定着させたいところは、ぺトロールを使い、さらに3色目、4色目(だったり、さび色だったり)と加えていき、都度都度乾燥させて、各色が出来るだけ混ざらないようにしていくのが、注意点でしょうか。
パンター系列の転輪は、中央のボルト部分に油のシミ出した跡が目立ちますので、油彩で筋を描き入れて、濃い目の色を中央に染み込ませておきます。
314ph4965
転輪の履帯のセンターガイドと接触する位置に銀を入れて、塗装のはがれを少し入れて、足回りは一応終了とします。
次いで、全体の塗装を行います、まだまだですよん。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/29

戦車兵フィギュア その1

久しぶりにフィギュアを作ってみます。

300fgt4905
お題は、タミヤの新作、35354ドイツ国防軍戦車兵セット。
最近のタミヤ製フィギュアの出来は、とても良く、また、このセットには、今までなかなかなかったただ立っているだけ、という風情のフィギュアが含まれていて、大変使いやすいセットのようにみえます。
いくつかのフィギュアには、替えヘッドも用意されていて、将校の、金具を抜いたクラッシュキャップ姿もあまりないので、貴重です。
時々、ほんと時々、気が向くとフィギュアを作るのですが、それ故になかなか上達しませんのが玉にキズ。
現在、塗装中のフィギュアは、
410fg4945
こんな感じで、一体ずつ写真も撮ってみたのですが、背景を整理しなかったため、露出が合っておらず、NGちゃん。また、フィニッシュしたらお目汚しをしたいと思います。
んでは、タミヤのフィギュア、をちょっとだけ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/19

ドラゴン パンターA後期型 その2

パンターとティーガーを同時製作という贅沢モデリング(笑)、今回はパンターくんでありんすよ。

最近またプラモ熱が高まっていて、あれも作りたい、これも作りたい、と(艦船ちゃんもどこかへ放置しっぱなしですし…、ヒコーキもそろそろ、なんてね)、秋晴れというにはちょっとまぶしすぎる空ですが、どこへも出かけることなく、日がな一日模型三昧ちゃん。

さて、パンターの続きであります。
転輪などを塗装しておきます。
201ph4869
普段、工作というか、組み上げる段階での記事はあまりないのですが、今回はエッチングパーツも割と多めに使うことになりますので、ちょっとだけ組立時点の画像を載せてみます。
予備履帯のラックは、付属のエッチングパーツを選択してしまったので、履帯をひっかけておくコの字状のパーツを、基部となる板に接着するのですが、初めて、金属同士をきっちり接着できるという接着剤を使ってみました。
211ph4874
2液を混ぜて使うエポキシ系の接着剤と同じ使い方ですが、これ、実は、もうちょっと接着面積が広くて、接着剤を塗布してパーツを合わせたあと、クランプなどで固定してやることで圧着する、という感じが用途としては合っているようで、このような小さなパーツでは、圧着が完全にできなくて、乾燥後、触るとポロッと取れちゃいました(半分くらいね、上手く密着できたパーツは頑丈にくっついていますけど)ので、改めて瞬着で付け直したりしました。

んでは、続きをば、ご笑覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/18

ティーガーI 初期型その6

ずいぶん寄り道をしてしまいましたが、ティーガーI 初期型(正確には末期のハイブリッドでありまするが…)の続きでありんすよ。

前回履帯を組み付けたところまででしたが、今日はその続き。
組付けた履帯を転輪と接着し、固定です。
601tg4837
しっかりと固定するために、接着剤を塗布後もう一度ティッシュで固定します。
602tg4839
長めに乾燥時間を取って、ティッシュを外した図。
転輪も履帯も塗装してからの接着ですので、しっかりと固定して乾燥時間をとりました。
これで、一応組立作業はひととおり終わりとなります。
これから後はエイジングとウェザリングの工程ちゃん。
よく言われるように、手順として、仕方ないので(整理のため)段階を踏んでいるように書いていますが、実際は、行ったり戻ったり、で、ここからが何々、ときれいに区切って作業ができるわけではありません。
ま、口上はほどほどにして、続きをば、ご笑覧頂くことにしませうか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イタレリ オペルマウルティア 完結編