2017/09/29

戦車兵フィギュア その1

久しぶりにフィギュアを作ってみます。

300fgt4905
お題は、タミヤの新作、35354ドイツ国防軍戦車兵セット。
最近のタミヤ製フィギュアの出来は、とても良く、また、このセットには、今までなかなかなかったただ立っているだけ、という風情のフィギュアが含まれていて、大変使いやすいセットのようにみえます。
いくつかのフィギュアには、替えヘッドも用意されていて、将校の、金具を抜いたクラッシュキャップ姿もあまりないので、貴重です。
時々、ほんと時々、気が向くとフィギュアを作るのですが、それ故になかなか上達しませんのが玉にキズ。
現在、塗装中のフィギュアは、
410fg4945
こんな感じで、一体ずつ写真も撮ってみたのですが、背景を整理しなかったため、露出が合っておらず、NGちゃん。また、フィニッシュしたらお目汚しをしたいと思います。
んでは、タミヤのフィギュア、をちょっとだけ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/19

ドラゴン パンターA後期型 その2

パンターとティーガーを同時製作という贅沢モデリング(笑)、今回はパンターくんでありんすよ。

最近またプラモ熱が高まっていて、あれも作りたい、これも作りたい、と(艦船ちゃんもどこかへ放置しっぱなしですし…、ヒコーキもそろそろ、なんてね)、秋晴れというにはちょっとまぶしすぎる空ですが、どこへも出かけることなく、日がな一日模型三昧ちゃん。

さて、パンターの続きであります。
転輪などを塗装しておきます。
201ph4869
普段、工作というか、組み上げる段階での記事はあまりないのですが、今回はエッチングパーツも割と多めに使うことになりますので、ちょっとだけ組立時点の画像を載せてみます。
予備履帯のラックは、付属のエッチングパーツを選択してしまったので、履帯をひっかけておくコの字状のパーツを、基部となる板に接着するのですが、初めて、金属同士をきっちり接着できるという接着剤を使ってみました。
211ph4874
2液を混ぜて使うエポキシ系の接着剤と同じ使い方ですが、これ、実は、もうちょっと接着面積が広くて、接着剤を塗布してパーツを合わせたあと、クランプなどで固定してやることで圧着する、という感じが用途としては合っているようで、このような小さなパーツでは、圧着が完全にできなくて、乾燥後、触るとポロッと取れちゃいました(半分くらいね、上手く密着できたパーツは頑丈にくっついていますけど)ので、改めて瞬着で付け直したりしました。

んでは、続きをば、ご笑覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/18

ティーガーI 初期型その6

ずいぶん寄り道をしてしまいましたが、ティーガーI 初期型(正確には末期のハイブリッドでありまするが…)の続きでありんすよ。

前回履帯を組み付けたところまででしたが、今日はその続き。
組付けた履帯を転輪と接着し、固定です。
601tg4837
しっかりと固定するために、接着剤を塗布後もう一度ティッシュで固定します。
602tg4839
長めに乾燥時間を取って、ティッシュを外した図。
転輪も履帯も塗装してからの接着ですので、しっかりと固定して乾燥時間をとりました。
これで、一応組立作業はひととおり終わりとなります。
これから後はエイジングとウェザリングの工程ちゃん。
よく言われるように、手順として、仕方ないので(整理のため)段階を踏んでいるように書いていますが、実際は、行ったり戻ったり、で、ここからが何々、ときれいに区切って作業ができるわけではありません。
ま、口上はほどほどにして、続きをば、ご笑覧頂くことにしませうか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/22

イタレリ オペルマウルティア 完結編

もうずいぶんと以前に製作したイタレリのオペルマウルティア。

一旦完成画像をお披露目していましたが、今回、改めてワークショップ風に仕上げて、今度こそホントにフィニッシュであります。
100pm4789
手を加えたのは、工具類を、これもイタレリの旧版「Field Tool Shop」のキットを利用して(現在はタミヤからリニューアル版が出ています)載せ、枠組みは、クレーンレールのみイタレリのキットから採用し、その他の骨組みはプラ材ででっち上げました。
そもそもこのキット、足回りにレジン製の転輪にスプリングを自作。履帯はドラゴン1号からマジックトラックを拝借するという(ついでに言えば、荷台の周囲が高いのもイタレリのオペルブリッツのを転用した、という結構手を入れた作であったのですが、ソフトスキンは、何を載せるか、というのを考えるのが楽しいもので、いろいろと検討した結果ワークショップ風の仕上げにしてみることにしましたの。
201pm4809
それでは、細部などをご笑覧くださいませ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/18

ドラゴン パンターA後期型 その1

最近は、すっかりAFVばっかりの様相ですが、今回もAFV、お題はドラゴンのパンターA後期型、いわゆるプレミアムエディション版のキットです。

100ph4599
今作のテーマは、ツィメリットコーティングに、タミヤのコーティングシートを使用すること。
既に、何度か、ドラゴンのパンターAは製作してきていますが、いずれもコーティングは、エポキシパテ+コーティングローラーで行いましたが、どうしてもエポキシパテでは、コーティングが厚めになってしまう傾向にありました。
コーティングは、一般にエッチングやポリパテ、エポパテ、ラッカーパテなどこれまでも様々な試みがなされてきていますが、どれも、パンターの薄い感じには、一長一短があり、それに上手く仕上げるのが難儀なのが第一の問題でありました。
現行のドラゴンキットにパンターAのツィメリットコーティングヴァージョンがあるのかどうか、不勉強で知りませんが、(ないような気がしますが…G型は、G初期としてコーティングヴァージョンがあったかと)キット自体は、A型はいわゆるスマートキット化前のキットが、ベースになっている(スマートキット化はG型からだったか、と)影響もあるのでしょうかね。
そこで、タミヤのコーティングシートを使ってみようかしら?と思い立ったのでした。
101ph4600
上の写真では一部切り抜いて使い始めていますが、シートは、シール式で、切り抜てい貼っていくだけ、というものであります。糊は結構強力で、しっかりと圧着させることが出来れば、剥がすのにかなり努力がいる感じです。
タミヤのシートは、A型にも使えるんじゃないか、と思い、発売時に購入して、今まで保管していたもので、G型用です。A型へ貼るに際しては、予備の部分が結構用意されていますので、なんとか一枚あれば間に合います。
では、結果どうなりますことか…(今はA型用もあるのでしょうか?D型用ならもう少し楽なのですがね)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/14

タミヤ M20装甲車

久しぶりのちょこっと製作記。

かなり以前に製作したタミヤのM20装甲車をフィニッシュしてみました。
キットは、グレイハウンド(M8)の姉妹車両で、とても出来がいい、あまり見ないですけど名作だと思います。
オープントップの車両ですので、車内は丸見え。
で、少しアクセサリーを仕込んでみました。
102usm4741
ウェザリングを施して、マーキングなども整え、(というのは、これを以前作った時には現在とはずいぶんと違った作り方でしたので…ま、ありていに言えば、出戻って初期のころ組立てて、色を塗っただけという状態でしたのですね…笑)、筆者の今風の仕上げにしてみました。
塗装もモデュレーションを意識して、吹き直し、デカール類も整理して貼り直しています。
ウェザリングは、以前はパステルのみだったのを一旦落とし、ピグメントと油彩を中心にしてやり直してみました。
200usm4760
どうでしょうか。
積み荷などは、手を入れていませんが、ま、何年も前に(正確にいつ作ったのかは覚えていない…)一旦作ったプラモでもちゃんと保管できていれば、手を入れることができます。
敵は、日光。
前にも書きましたが、ちゃんと管理できる状態でコレクションできる環境になければ、もう箱に仕舞って、めったなことでは開けない、ということに尽きます。
残念ながら、小生の自宅の環境は、プラモの保存には適しておらず、完成品を「見られる」状態で置いておくことが難しい(ちゃんと密閉して、余計な日光が遮断できる…必要な時には、ガラス越しにショーケースの中を眺められる、というのが理想です)ので、一旦完成した作品は、箱に入れて、日陰のサイドボードに仕舞うことにしています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/13

ハセガワのイージーエイト 追加

ほぼ一年前頃の記事ですが、ハセガワのM4A3E8(イージーエイト)の製作について書きました。

最近、AM誌の古いのをぱらぱらと眺めていて、話題になった映画フューリーのウォーダディのフューリー号以下登場するM4が、第2機甲師団の所属だったこと、ハセガワのイージーエイトにでっち上げたマーキングが、偶然同じ第2機甲師団所属であることに気づき、それでは、と、ちょっと追加工作をでっち上げた次第。
100he4693
そう、例の丸太装備でありんすよ。
映画に登場した車両たちは、丸太もろともグリーンと黒の迷彩に塗られていましたが、へへ、残念ながら、こっちは、もうウェザリングまで済ませちゃっていますし、2色迷彩にするわけにもいかない…
で、木はそのまんま、となっちゃいましたが、これもまたシャーマンの姿としては一興かと。
102he4698
その他の追加工作としては、フューリー号と同様、cal.30を車長用キューポラの前に配置してみました。
ただ、これは、本来車載機銃を使いまわしていたんじゃないか、と思うのですが、どんなもんでしょう。
戦中のM4には、cal.30をこのように追加装備していた車両が結構あったとか…
んでは、ちょっとだけ、細部もご覧くださいませ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/09

ティーガーI 初期型 その5

ティーガーI 初期型ももう5回目となりました。

501tg4581
今回からは足回りに一旦移ります。
先日基本塗装を行った転輪の接地面に鉛筆、グラファイト、エナメルの銀(タミヤのペイントマーカーね)を塗り、エイジングにします。
502tg4582
こんな具合ですね。作業中に結構汚れます(手は真っ黒に輝いています…笑)が、同時にほんのり転輪も汚れてくれます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/31

ティーガーI 初期型その4

ハイブリッドティーガーの4回目。

今日は、迷彩塗装と、フィクションですが、デカール貼りまで終了です。
サンドベースの上に吹く1色目は、緑ですが、いろいろと試した結果、現在は、Mr.カラーの「ただの緑」を使っています。(また変わるかもしれませんけどネ)
ただの緑に、先日作ったベースのサンド色を一滴加えて、緑を吹きます。
401tg4559
迷彩柄は、中程度からやや細目に、濃淡を付けて、結構いい加減に吹いています。
402tg4560
出来上がりの迷彩は、やや密な感じのものをイメージしていますが、あまり神経質にならずに吹いていきます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/29

ココナッツアクセサリー

今日は、模型作りとは直接関係ないのですが、サイトのご紹介をば。 模型仲間の根生さ...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ティーガーI 初期型その3