2017/03/23

1/700 フジミ 五十鈴 その1

今回は、1/700 フジミの軽巡洋艦五十鈴を作ります。五十鈴のキットは、よく知られているように2隻分のパーツが入っている面白い試みのものです。これは、太平洋戦争末期に対空火器を搭載し、防空巡洋艦として生まれ変わった五十鈴に、兵装のパターンが異なる説があるため、その両パターンを組めるように、というものですが、ま、実際問題としてその2種を両方作るというケースも少ないんじゃないかなとは思うのですけどね。
100is4163
実艦の資料もないし、A説、B説(25mm三連装機銃の位置に違いがある)のどちらを選択するにしても根拠はないのですが、今回はA説を選択してみます。
今回の個人的な(当たり前ですが)試みは、リノリウム押さえ金具を伸ばしランナーで再現すること、船体の鋼板の継ぎ目をサーフェサーで再現すること、の主に2点。5500t軽巡はタミヤの阿武隈以来の製作となります。
キットは、通常版ではなくて、エッチングパーツがセットになった限定版ですので、フジミ純正のエッチングパーツを使っていきます。
101is4164
船体の主なパーツはこんな感じ。甲板は、主甲板からシェルター甲板へは一枚で、後部甲板は一段低くなっている部分が別パーツとなります。船体は、左右貼り合わせではなくて、一体抜き。船底は別パーツ。
ウォーターラインに付き物のバラストは、このキットには含まれていません。 船底は、ちょっとだけ船体中央が浮いてしまいますが、完成時は飾り板にビス留めする予定なので、ま、あまり気にしないことに。
ただ、この船、後部甲板が低く、ナットを仕込むのがやっと。仮に飾り板に取り付けてみたところ手持ちのビス(16mmの長さのもの)では、ビスの方が長く、余ってしまいますので、完成時までにちょっと思案。
さて、では、ぼちぼち、とりかかります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/10

フジミ 1/700 隼鷹 その1 承前

フジミ1/700の新作(と、まだいってもいいでしょうかな)、航空母艦隼鷹であります。取り寄せをお願いしてあったモケモケさんから頂いてきましたので、さっそく中を見てみました。
まんず今回は、恒例の(ん?恒例でしたっけね)全ランナー公開ちゃん。
001jn4129
キットは隼鷹が就役した昭和17年時点での姿となっており、姉妹艦飛鷹の19年時最終のものとは細部が異なるものです。模型誌(艦スぺ「飛鷹型航空母艦」の記事によるとキットの姿は昭和17年でも就役直後ではなくて、7月に軍艦籍に入った時点での姿であるということです。
まず、箱を開けると、空母らしい大き目の箱にいっぱいパーツが入っています。
002jn4131all
デカールは艦載機用と、飛行甲板のラインが中心。説明図は結構大き目。
003jn4133inst1004jn4134inst2
説明図を全部載せるのは難儀なので触りだけ。パーツ図は以下のとおり。
005jn4137ptslist
最近のキットらしく、細かなパーツが多いです。
では、以下ずらーっと全ランナーをば、紹介します。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/09

アオシマ1/700 イ19 潜水艦

アオシマのワスプに同梱のイ19潜を作ってみました。
最初にパーツを見たときから、モールドが良くて、単なるオマケとしてはもったいないなあ、と思っていたので、ワスプが一段落したところで組んでみることにしたのです。
101i3969
ウォーターラインでも組めるのですが、ちっこい潜水艦ですし、飾り台も付いているので、下部船体も取り付けての姿にしてみます。台座とは、ビスで固定するようにしていますの。
102i3971
特に問題もないのですが、下部船体を仕込む時にちょっと隙間を作ってしまいましたので、伸ばしランナーで埋めたりしています。
103i3974
塗装は下部船体から、艦底色よりもちょっと赤い色にしてみましたが、塗装後、下部全体をマスキング。
104i3975
次いで、艦橋などを取り付けてから甲板の木部にタンを吹き、木部だけまたマスキング。最後に船体色を軍艦色2をやや明るくした色で吹きました(使用した塗料はすべてMr.カラーのもの)。
今回は、製作中の様子は以上ですので、以下、お目汚しに完成画像をずらっと並べてみますヨン。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/08

1/700 ワスプ その4 完成

アオシマ1/700ワスプ、やっと完成のお披露目であります。今日はただただ完成画像をば、ご笑覧頂ければ幸いです。
400wsp4028
例によって、まずは水線付近から見上げてみます。前回ブログにアップしたあとの作業としては、全体に油彩のバーントアンバー、とmigのラストを使い、スミイレとサビ流れを穏やかに入れてみました。
401wsp4024
今までのところ、艦船にはあえて重いウェザリングを施す必要を感じていませんで、仕上げとしてはあっさりめでしょうかしら。
400wsp4022
艦載機は、出来る限り手元にあったのを作ってみましたが、搭載可能機数の半分ほど、第一次攻撃隊の発艦準備中といった風情ですな。
んでは、以下ずらっと行きますヨン。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/28

1/700 ワスプ その3

アオシマ1/700ワスプ、3回目は、塗装などと艦載機の様子です。
MR.HobbyのWWIIアメリカ海軍艦船迷彩色セット1をそのまま使い、シミ迷彩にします。
まずは、デッキブルーで甲板を吹き、一旦マスキングをしておきます。
301wsp3931
デッキブルーは、ところどころタンを吹いて、甲板の退色にしておきました。また、この段階では、飛行甲板の端っこは、船体色のオーシャングレイを塗る予定でマスキングをしてありませんが、その後、先達の作例や、写真(は、ほとんどないんですけどね)、組立説明図の塗装図に従って、全面をデッキブルーにしましたの。
302wsp3953
艦体側面のシミ迷彩は面相筆で筆塗り、色と色との境目は、ボケているのか、いないのか、も不明なのでしたが、どっちみち700というサイズではこだわることもなかろう、という訳で、当初 ぼかすように塗り始めたのですが、途中からははっきりと塗り分けています。ぜーんぶフリーハンドね。
303wsp3955

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/13

1/700 ワスプ その2 組立

長ーいこと放置したままだったアオシマの1/700ワスプ、その2でありますよん。
発売時に内容をチェックしましたが、その後、ヴァリエーションとして、初期(大西洋艦隊に配属時)の姿もキット化されたのかな。
艦船キットは、個艦の時期的な相違点を愉しむのもアリですね。
さて、ワスプですが、今回製作しているのは最終時。
201wsp3903
大まかな組立をしているところが上の写真、艦橋部分、飛行甲板はこの段階では未接着で、今後の製作計画としては、艦橋を組みつつ、船体のエッチングパーツを取り付けて、飛行甲板を接着、塗装にかかる、というものになります(というか、なりました)
202wsp3904
艦橋は窓枠の一部を汎用のエッチングパーツに交換し、その他の窓は、掘りなおしました。また、ブルワーク部分は思い切って全部作り替えることも検討しましたが、薄削りに留めています。ちょっと失敗したときのことが怖かったのですね。
では、続きをご笑覧くださいませ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/08

タミヤ1/35 M10

タミヤMM350のM10を作ってみました。
今回は製作記はありませんで(最近こういうのが続いておりますが…)、完成画像をずらずら~っと並べてみます。
ギャラリーの方もニフティhomepageが終了してしまったので新規に作らないといけないのですがね…
さて、M10、であります。久しぶりの新しいタミヤのキットとなりますが、相変わらず作りやすく、また、実車の解説が復活しているのかな、一時よりも詳しいものが付くようになったのですね。
100m3853
M10は、中期型とのことですが、M4シャーマンの75mm砲の威力不足に悩んでいた米機甲部隊にとっては、救いになったといいます。米陸軍は、駆逐戦車の独立部隊としての集中運用は行わず、必要に応じて、戦闘団へ補助的に配備する運用だったようです。
101m3851
搭載した砲は、76.2mmのM7で、砲身長50口径といいますから、M4の75㎜砲よりも威力があったでしょう。
車体はM4A2を採用し、オープントップの回転砲塔を載せています。重いM7とのバランスをとるため、砲塔の後部にカウンターウェイトを搭載したため、独特の砲塔形状となりました。
んでは、続きをご笑覧頂ければ幸いです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/31

1/48 P40B ウォーホーク

またまた長の無沙汰と相成りましたが、今回は、(いきなりですが)トランぺッター1/48 P40Bでありますの。
久しぶりの飛行機でもありんすよ。
なかなかの失敗作でもありました(泣)
100p40b3585
なにはともあれ、完成画像をば。
101p40b3671
キットもま、それなりの水準といっていいでしょうかしら。特にデカールが(一応カルトグラフ製となってはいたけど…)なかなかの曲者で、硬いし、軟化剤に弱いし、すぐに割れるし…(経年の劣化の影響が多少あるかも…)、パーツの接着面が確保されていないし、モールドも…、という次第だったのでありんす。
特にデカールが大変だったせいで塗装も修正を繰り返したため、製作中の写真も、結果的にほんとの姿を反映したものでないため、思い切って割愛し、完成画像のみとしてみました。
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/06

3号戦車J後期型その5

3号戦車J型の最終回です。
前回履帯の組立まででしたが、ウェザリングを行い、フィニッシュしました。
どうにも体調が優れず、すこーしずつの製作となったため、写真を撮るタイミングを逃してしまい、製作中の写真が残せていませんが、ま、基本的な製作作業は、普段通り、特に変わった試みはありませんの。
んで、履帯からでありますが、基本塗装は、Mr.カラーのダークアイアンを筆塗り。
501j3529
金属色以外での塗装の場合は、エアブラシの方が楽ですが、どっちみちピグメントで盛大に汚すことを考えると、ラッカー系の金属色を塗っておくほうが手間がかかりませんね。
車体全体は、基本的にAKのエナメル塗料でスミイレとフィルターを行い、乾燥後に、艶消しクリアを吹いておきます。
511j3532512j3533
おさらいとしては、基本塗装の段階では半艶からツヤ有りに(これは、デカールを貼る場合にシルバリングを防止すること、なるべく密着度を高めるため)、デカール貼付後、デカール保護のために半艶クリア吹き。ここまで、ツヤを残すのは、スミイレ、フィルター塗装、ウォッシュを行うのには、ツヤがあった方がやりやすいのが理由ですが、この後パステル、ピグメントを使う場面では、ある程度ツヤが消えていないと定着しにくい、というわけで、最終局面の手前には、艶消しクリアを吹くわけですな。
もっとも、これは、最大公約数的な手順でありますので、あとは仕上がりの好み次第。
さて、そうして、フィニッシュした姿を以下ご覧くださいませ。
521j3576

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/16

3号戦車J後期型その4

3号戦車J型も4回目となりました。今日はデカール貼りから、履帯の組立まで、といっても例のごとく作業自体はちょっと前に終わってるんですけどね。
401j3497
今回使用するデカールは、出来合いのものがありませんので、主にタミヤの別売りセットのものとずっと以前のドラゴン・サイバーの余りものからチョイスします。消火器のデカールは、H.stoneのヤツね。
402j3498
デカールを貼る面を中心にざっと半艶クリアを吹き、軟化剤をつかいながら(グンゼの緑キャップのヤツ)、貼り終えた状態。これで一日以上しっかりと乾燥させて、もう一度半艶クリアをデカールの上から吹いておきます。半艶クリアは、常用するMR.HOBBYのスプレー缶のヤツね。
403j3499
モチーフは、やっぱり第24装甲師団、「2」の字体が実物とはちょっとデザインが違っているのがたまにキズ、でありますが、ま、なんちゃって3号Jでありますから、ここは目をつむることにしちゃいます。大体白縁の赤字、って、もっと種類があっても良さそうなもんでありますが、いざとなるとあんまりデカールがないのよね…
404j3503
H.stoneの消火器のデカールはかなり硬いので、ここだけは、アクリル溶剤を使って軟化剤の代わりにします。緑キャップだとかなり時間がかかりますし、定着がいまひとつなのでありますよ。
405j3505
後方は、ゲペックカステン背面に砲塔サイドよりも大きめの砲塔番号が入ります。今回の砲塔番号の車両は、写真で確認できたわけではなくて、デカール側の要請(他の数字だともっと字体が違うのです)によるもの。なので、これもフィクションです。突っ込みご無用に願いまするぞ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«3号戦車J後期型その3