2012年5月21日 (月)

1/48 タイフーン その6 フィニッシュ

フィニッシュ

i-modellers第7号、D-dayをテーマにした特集のために作ってきましたホーカー・タイフーン(ハセガワ1/48)もようやくフィニッシュとなりました。

なかなか手ごわい個所もあったり、例によっての下手もあったり、でしたが、完成までくると自然と愛着も生まれてきます(笑)、いろいろと反省もありますが、ま、ね、(^-^;

それでは、最終回、始まりでありんすm(_ _)m

前回デカールを貼って、1週間。まずはデカール保護のための半ツヤクリアを吹きました。
んで、一日おいて、クリアパーツと風防を取り付け、マスキングを剥がしましたのが下の写真。

601tp7099


主翼前縁のライトカバーには真ん中に枠のモールドがあって、大変です(笑)が、マスキングするのも面倒になっちゃっていたので筆塗りでやっつけました。
合いは一部隙間が生じていますが、下面なので、これも見ないことにして(笑)、翼端の飛行燈も赤青の塗り分け指示がないですが、分かんないのでそのまま、とおーおっ、これでいいのか、というところもありながら…

602tp7103


いいことにしちゃって、進みます。
最後の作業はパネルラインにスミ入れちゃん。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

1/48 タイフーン その5

デカール貼りなど

基本塗装ののち、クリアを吹いてデカールを貼りました。

501tp7053

デカールはキット付属のもので糊、厚みとも気になりませんが、ちょっと柔軟性に欠けるのか固いきらいがあって、理由は不明ですが、破けちゃうところがあります、プリントも薄めで透けます、白の隠ぺい力がないのですね。

これもまた経験であります、こんど蛇の目を作る時は気を付けることにしませう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

1/48 タイフーン その4

基本塗装

前回白を吹いたところで時間切れでしたが、連休最後の一日はエアブラシを日がな一日握りしめ(^-^;、一気に基本塗装まで行いましてございました。

洗濯は朝のうちに済ませ、ほぼ日暮れまで一日かけるとここまで進みます(というか、丸一日かかってもこんな程度の進み具合でありんすなあ…)、んではお付き合いください。

まんずは白を残すところをマスキング、幅は、キット付属のデカールから現物合わせ、9.5mm、という目分量でした。

401tp7012

基本的に、黒を吹く個所の方を若干太めになってもOK(視覚効果ってやつですな)、という気持ちでいきます、逆にならないようにしながら…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

1/48 タイフーン その3

サフ吹き、塗装始め

ハセガワ1/48 ホーカー・タイフーンの3回目であります。
地味な作業が続きましたが、やっとこさ、サフ吹きまでこぎつけましてございます。
使ったのはタミヤのプライマーサーフェサー、スプレーでシュパッシュパッ、と吹き、目立ってしまった仕上げ残しを補修して、さらに吹き、を2回くらい繰り返しました。

301tp6988

こんな具合、といってもよく分かんないでしょうけど…、基本的に飛行機模型初心者以前、といたしましては、この地味な作業に一番時間がかかるのでありんした。

302tp6989

この作業をさえ無事に終えることができれば、一気に塗装作業へ進むこともできます、飛行機のプラモデルはそれこそ戦車や艦船と比べるとパーツ数は大きさの割に少なくて、でも全く別の作業を要求されている気がします、クルマもそうですけどね…

基本的に模型製作環境が整っていない(特に塗装作業が気楽にできない)環境にあってはサフ吹き、と一言に云ってもなかなか思うに任せませんのですが、それを数度繰り返す、となるとどうしても日数がかかるのですね、週末だけではほんと余裕がないのでありんす…

さて、愚痴をこぼしても仕方ないので(^-^;、ちまちま、ね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

1/48 タイフーン その2

タイフーンの2回目であります、地味ーな作業が続いておりますです、はい。

201tp6777

胴体左右を接着、カードアタイプの前期型からの派生パーツのためにヘンな分割になっているコクピット周辺のパーツはできるだけ胴体側面で合わせ、つじつまの合わない部分を上面、コクピット前後に持ってきて、そこに空く大きな隙間にはプラ板を挟んで、という作業を行いましたところ。
黒いのは瞬着で、時間短縮のため(黒い瞬着が使えなくなる前にできるだけ使おう、という意図もあって)にパテ代わりに使用しています。

写真に見えているのは小学校4年生の習字の時間からずっと使い続けている文鎮、これって何気にいろいろ活躍してくれて、すごいなあ、もう40年も手元にあるのです、へその緒以外ではもっとも長くアタシと一緒に過ごしてきているかも…笑

今日はまだまだ地味な整形作業のその後の様子をば…

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月31日 (土)

1/48 タイフーン その1

模様替えの第1回となった i-modellers 第7号特集は「D-Day」、ノルマンディー上陸作戦の雰囲気を感じさせるものならOKという編集部の意向を受けて、最初に思い浮かんだのはインヴェイジョン・ストライプでした。

飛行機の翼や胴体に白黒の鯨幕のような縞縞が入ったアレです、ノルマンディー侵攻に合わせて敵味方識別の標識として用いられたのですが、以後連合軍の戦術空軍(B17やB24といった戦略爆撃を主に行うのではなくて、対地攻撃や制空戦闘に用いられた)の機体には多く描きこまれました。

インヴェイジョン・ストライプが描かれた機体は様々で種類も多いのですが、装甲教導師団好きのアタシとしては憎さ余って(?)の敵対地攻撃機に目が行きました、タンク・バスターとして真っ先に上がるイメージはP47かタイフーン、でしたが、蛇の目好きとしてはタイフーンしかないでしょ、ネ、というわけで選んだのはハセガワ1/48ホーカー・タイフーン、とあいなった次第。

100tp6698

タイフーンは対戦闘機戦闘機としては成功作とは言い難かったようですが、低空性能は優れ、Fw190に低空域で伍して戦える機体は他になく、次第に対地攻撃機として英本土から占領下のヨーロッパへ侵入し、ノルマンディー上陸作戦にさかのぼって鉄道、機関車や拠点攻撃に用いられるようになりました。
D-Day当日も各種の爆撃機、攻撃機とともにドイツ地上部隊を攻撃し、上陸作戦を支援しました。

101tp6701

ハセガワのタイフーンは特徴的だったカードア(横開き式の搭乗ドア)式の前期型からの派生タイプとして涙滴型(ティア・ドロップ)のキャノピーを装備した後期型のタイフーンをキット化したようで、その辺の部品分割がちょっと初心者泣かせではありますが、飛行機模型初心者への道をのんびりと歩み中で年2機くらいを目標にしている飛行機模型初心者以前のアタシにとってはパーツ数もほどほど、なんとかなるかどうか…笑、お目汚しを、ば、お願い申し上げます。

それでは、ぼつぼつと始めることにいたします。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

welcome to "i-modellers"

ようこそ、はじめまして。
web modelling magazine "i-modellers" が変わります。
第7号(2012年5月末発行)からi-modellers 本誌サイトで記事を閲覧して頂くと、それぞれのライターのブログへリンクされることになります。

 

このブログは長くご愛顧いただいております、moppu の"moppulog"内にi-modellers 本誌掲載用の記事専用ページとして第7号以降はmoppu 製作の作品の記事が順次掲載される予定です。

 

それまでテストなどに書き込みを行っていく予定ですが、しばらくは開店準備中となります。

 

どうぞ本誌ともどもこれからもよろしくお願い申し上げます。

 

~moppu

| | コメント (0)