« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

1/48 タイフーン その1

模様替えの第1回となった i-modellers 第7号特集は「D-Day」、ノルマンディー上陸作戦の雰囲気を感じさせるものならOKという編集部の意向を受けて、最初に思い浮かんだのはインヴェイジョン・ストライプでした。

飛行機の翼や胴体に白黒の鯨幕のような縞縞が入ったアレです、ノルマンディー侵攻に合わせて敵味方識別の標識として用いられたのですが、以後連合軍の戦術空軍(B17やB24といった戦略爆撃を主に行うのではなくて、対地攻撃や制空戦闘に用いられた)の機体には多く描きこまれました。

インヴェイジョン・ストライプが描かれた機体は様々で種類も多いのですが、装甲教導師団好きのアタシとしては憎さ余って(?)の敵対地攻撃機に目が行きました、タンク・バスターとして真っ先に上がるイメージはP47かタイフーン、でしたが、蛇の目好きとしてはタイフーンしかないでしょ、ネ、というわけで選んだのはハセガワ1/48ホーカー・タイフーン、とあいなった次第。

100tp6698

タイフーンは対戦闘機戦闘機としては成功作とは言い難かったようですが、低空性能は優れ、Fw190に低空域で伍して戦える機体は他になく、次第に対地攻撃機として英本土から占領下のヨーロッパへ侵入し、ノルマンディー上陸作戦にさかのぼって鉄道、機関車や拠点攻撃に用いられるようになりました。
D-Day当日も各種の爆撃機、攻撃機とともにドイツ地上部隊を攻撃し、上陸作戦を支援しました。

101tp6701

ハセガワのタイフーンは特徴的だったカードア(横開き式の搭乗ドア)式の前期型からの派生タイプとして涙滴型(ティア・ドロップ)のキャノピーを装備した後期型のタイフーンをキット化したようで、その辺の部品分割がちょっと初心者泣かせではありますが、飛行機模型初心者への道をのんびりと歩み中で年2機くらいを目標にしている飛行機模型初心者以前のアタシにとってはパーツ数もほどほど、なんとかなるかどうか…笑、お目汚しを、ば、お願い申し上げます。

それでは、ぼつぼつと始めることにいたします。

続きを読む "1/48 タイフーン その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »