« 1/700 赤城 その5 | トップページ | 1/700 赤城 その7~完成(とりあえず) »

2015/05/04

1/700 赤城 その6

ゴールデンウィーク真っ只中、でありますね、アタシは、あまり動けないので(笑)、体を休めることに専念中。
のんびり模型作りをしておりますよ。今日は当然赤城の続き、なのであります、いよいよ完成が見えるところまできました。

601ak2330
このキット、艦橋後ろのマストは一体成型のものが用意されています(写真右ね)が、ちょっといかにもごつい。で、伸ばしランナーでもうちょっとだけ細くしてやりました(のが、写真左のヤツ。塗装に備えているところでありんす)。
602ak2335_2
ちょっと暗くなっちゃいましたが、艦橋、その他のパーツも予め塗装しておきます。
603ak2349
ちっこくて見えにくいですが、ループアンテナは、エッチングパーツを使います。これも、ランナー状態で組み立てて、塗装しておきます。
604ak2351_2
艦体もこれまで塗り残してあったところにグレイを吹き(Mr.カラーの軍艦色(2)に白を足して明るくしたヤツ)、スミイレをMr.ウェザリングカラーの黒を使って行いました。これのいいところは濃度を調整しなくていいところでしょうか、ただ、ちょっと濃いので、色合いは調整したいところではありますね。専用の薄め液がありますが、ぺトロールでふき取れます。
さて、では、いつものように続きをご笑覧ください。今日は、赤城完成2歩手前くらいまで、であります。

スミイレ後、青と緑でフィルターを掛けておきました。このとき、先のスミイレ塗料の余計な付けすぎ部分もふき取っておきます。

611ak2356
おっと、塗り分けただけで、おもちゃっぽかった搭載艇もスミイレちゃん。
606ak2355
ほいで、フィルターを掛けたあとの状態、ですが、写真ではあまり分かんねぇですな、毎度。
612ak2357613ak2360
お次は、飛行甲板を載せて、まずは着艦制動索の再現です。
621ak2363
このキット、着艦制動索のモールドは最初からありません。エッチングパーツなどに置き換えるときの不便(モールドがあると削り取らなきゃいけない…)を考えると、ある意味親切ですが、そこまで手を掛けない場合は省略された姿で耐えるしかありません、一長一短というべきですかな。
今回、アタシは、最近新調したモデルカステンのストレッチリギングを使いました。瞬着との相性がバツグンですよん、コレ。片方の端を接着、写真のとおりその段階ではよれていたり、曲り癖が付いていますが、これをピンセットでつまんで、ピッと伸ばしながら反対側へ接着し、余分をナイフで切り取る、という具合の作業でありましたが、ほとんどやり直しもなく、とれちゃうこともありませんでした。素材がメタルリギングとは全然違っていて、ほんと作業しやすい優れものです。高価ですが、ぜひ一度お試しあれ。
622ak2364
張り終えるとこんな感じ。作業前に予想していた半分以下の時間で終わりました。ほんとありがたい素材です。
623ak2367
さて、お次は艦橋を取り付けて、の姿でありんすよ。
631ak2368
うわははははは、赤城でありんすよ。
632ak2370
ヨークタウン、アークロイヤルに続いての航空母艦としては3隻目でありますが、実際、譲り受けたキット(はは、そのときの条件は完成させることでありましたの、実はね)なので作んなきゃ、と思って始めたのでしたが、(前にも書きましたが)ほんとなら、10年後くらいに手掛けるキットでありますよ、なにせ「赤城」でありますからね、はは。
633ak2375
製作にあたっては先達たちの素晴らしい作例をなるべくたくさん見たつもりでした。そのせいで、自作の至らないところが目に付いちゃいますが、ま、ま、今の課題はとにかく完成まで至ること。いろんな失敗はこれからの糧になる(かしらん?はは、これを否定しちゃうと立ち上がれないので、ね)、と言い聞かせるのでありますよん。
更なるディテールアップも、修正点も検討はしたのですが、現状では、今回はこの程度まで。
635ak2378
取り付けた時は大丈夫という判断でしたが、こうして写真で見るとマストがちょっと傾いたようです。直せるかな。
634ak2373
旧海軍の空母は、とにかくアタシにとっては、ひとつめの高いハードルなのでありんす。ただでさえ細かなパーツにエッチングパーツを足していくと作業手順だけとってみみてもパズルのようであります。
636ak2380
この上にスミイレをするとちょっとクドクなりそうで、思案中なのですが、最初にしてはまずまずかしらと思える飛行甲板。だだっ広く単調に思えるところですが、実際に作ってみると艦載機がない状態でもけして見飽きないです。それだけ作業量が多かったということでもありますの。
637ak2386
写真などで見慣れた赤城の姿。
638ak2383
やや、後は汚し塗装の追加と、転落防止ネットなどの取り付け、起倒式マストと張り線。とまだまだ慎重な作業が求められるところが残っています。これに艦載機を加える、と、ははは、まだ気が遠くなりそうなのでありんすよ。ほんと空母は大変(というほど船を作っているわけじゃないんですけどね、でもやっぱり大変ではあります)、次回は完成した姿をお目にかけられるといいのですが…

|

« 1/700 赤城 その5 | トップページ | 1/700 赤城 その7~完成(とりあえず) »

艦船」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、根生です。
GWは家族サービスであんまりプラモ作れてません(;^ω^)
それはそうと、ストレッチリギング良さそうですね。w

投稿: 根生 | 2015/05/05 08:18

こんにちは、ストレッチリギング、いいですよー。もっと細いのがあると船の張り線はすごく楽です。メタルリギングより瞬着の相性も良さそうです。もっと細いのないのかな?今回使ったのだと700の張り線にはちょっと太めです。

投稿: moppu | 2015/05/05 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38450/61535747

この記事へのトラックバック一覧です: 1/700 赤城 その6:

« 1/700 赤城 その5 | トップページ | 1/700 赤城 その7~完成(とりあえず) »