« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015/09/24

1/72 A-6E その1

実質的にF-14Dと並行して製作中なのが、タミヤの72(中身はイタレリ)A-6Eイントルーダーであります。

100int2976
ファインモールドの傑作F-14Dとは、対照的にかなりのベテランキット.。イントルーダーの名前のとおり低空で侵入してのピンポイント攻撃を主眼とした攻撃機です。
なんと機銃も装備していないのですよ。並列複座というのも特徴的ですが、操縦系統はパイロット側にしかないという割り切り。長く米海軍の主力攻撃機として艦上にありましたが、この機体も既に退役して、F/A-18に後を譲っていますの。
101int2977
キットはパーツ数も少なく、精密さとかでは、最新F-14Dに見劣りしますが(ま、手軽に入手できるイントルーダーのキットとしては貴重。ハセガワのヤツは凸モールドなのですね)、折角なので、デカールとシートだけでもおごってやります。シートは。アイリス製。絶品でありますね。ほんと。デカールは、72のA-6用って全然ないのですが、奇跡的にモケモケさんに残っていたマイクロスケールのものをゲット。ロービジなのが気に入りました。キットに付属のデカールは、海軍がVA-36ロードランナーズのロービジで、もう1種類は、マリンコのムーンライターズ、これはハセガワのキットにも同じムーンライターズのよりロービジらしいマーキングがあって、三日月のマークが印象的なので、ムーンライターズならハセガワを採用ということになるのですが、個人的には、「NAVY」と入れたいのでありますよ。ハセガワのもう1種類はVA-35ブラックパンサーズのマーキングで、大きなパンサーの図柄がいいけど、ハイビジ。ハイビジのきれいな機体は、米海軍機らしくて好きですが、今回はロービジに挑戦してみたい、という訳なのですな。ただ入手したマイクロスケールのデカールはどれも地味。ロービジなんだから当たり前なんだけど。
111int2980
製作は、実はキャノピーのマスキングから始めました(はは、トムキャットのキャノピーの塗装があったので、ついでにね)、もう飛行機は塗りながらしか組めないので、仕方ないです。
そいでは、トムキャットに比べると記事の分量が見劣りますが、基本的には結構手間のかかっている製作次第をば。

続きを読む "1/72 A-6E その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/23

1/72 F-14D その1

さて、シルバーウィークもほぼ終了、おかげでゆっくりと体を休めることが出来ましたが、明日からはまたお仕事であります、まだ休みたい、のは夏休みが終わってしまう、あの気分とちっとも変っておらず、宿題がないことだけが不幸中の幸い…

今回は、マガジンキットのF-14Dトムキャットを作っています。
100tom2928
言わずと知れたモデルグラフィックス付キットのアレでありますよ。豪勢にもスケビのミサイルも使っちゃいます。
ホビーショップモケモケの10月のお題がジェット機(だっけ?現用ジェット機だったかも)、なにやらウラではF-15祭りなどが行われるようですが、残念ながら小生空軍機にはとんと関心がなく、イーグルもあんまり好きな機体じゃない、と来ているので強者ぞろいとなるであろうF-15は敬遠し、積んでおかず、とっとと作るという銘そのままに挑戦という次第でありますの。
キットは、飛行機初心者でもストレスなく、ハセガワもフジミも72もヨンパチもF-14初めて(むかーしどこかの小さいトムキャットのプラモを作った記憶はある、まともなキットではなかったような…)、という筆者でもいまのところ特に問題を感じるところもないまま作ることができます。
傑作というに相応しいのでしょうけど、従来のキットの大変さを知らない身としては、感慨もイマイチなのが申し訳ないですが…、でもいいキットだと思いますな、なんといっても初心者でも組めそう。惜しむらくは、マガジン付という形態かしらね。
101tom2930
飛行機模型の常道として、コックピットから、というのはもうキットの組立手順上仕方のないところですが、今回は、スケビ付属のミサイルから組み始めました。
整形してから塗装。サフ吹き→白→黄、赤茶(赤で塗ってますけどね)のライン→本体のグレイ→翼の黒、という手順ですが、大失敗は、付属のデカールにちゃんと黄、赤茶のラインが入っていることに気づかないまま塗装し始めちゃったこと。無駄な時間でした…
102tom2936
気を取り直して、基本塗装を終えたところ。
103tom2946
これにデカールを貼って、さらに翼などを塗り分けてフィニッシュ。わずか3枚の写真で終わってしまうのがもったいないほど実際には時間が掛っていますの。大体ミサイルとか増槽とかの貼り合わせと修整作業ってアタシのもっとも苦手とする作業のひとつなのでありんすよ、だから飛行機は敬遠してしまうのでありんす。
さて、今回は、とっても長い(というのもこの数週間分の作業がギッチリ詰まっているから仕方ないのです)ですが、お付き合いのほどをば。

続きを読む "1/72 F-14D その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »