« 1/700 アオシマ ワスプ その1~序章 | トップページ | ヤークトパンター フィニッシュ 改 »

2016/08/21

メルカバMk3D フィニッシュ

いやいやいや、長の無沙汰となってしまい、申し訳ありませんでした。

なかなか体の具合が落ち着かず、長時間机に向かうのも難儀でありんしたのです。
もうね、一日仕事に行くのが精いっぱいちゃん、休日は体を休めることに専念するよりない、という日々が続いたのでありますよ。
それでも、細々と手を動かすことだけは続けていたのでした。
作りかけの作品、塗装してなかったヤツなんかを手掛けておりました。
新作には手を出せませんで、今回から何回かは、ブログ休止期間中にフィニッシュした作のお披露目と相成ります。
それでは、参りましょうかね。
メルカバ3D
001mkv1050
組立後、長く放置状態でしたが、滑り止めの再現に使った重曹が、かなりサフを吹いてあったにも関わらず、湿気の多い時に溶け出す、というトラブル(といっていいと思う)があって、その水分取り(溶けちゃった重層の除去=なかなかそのままでは蒸発しないのですな)に時間を掛けました。
一旦落ち着いたと思われたところで塗装を行ったのでありましたが、今年の梅雨時になって再発、これをまた除去して、汚しを掛けて、やっとこさのフィニッシュと相成りました。
結果的に、溶けちゃった重曹の部分は、滑り止めが剥げちゃっていますが、ま、これも一興、(はは、実を言えば修正が大変なの)と思い、そのままでありますが、塗装を終えてしまっていたので、剥げちゃったところは白く塗料も剥がれてしまいましたのを、汚しでごまかしておりますの。
002mkv1067
作りかけキットを長く放置する場合は、未取り付けのパーツの紛失に留意しなければなりません。今回、アタクシメは、ワイアロープの金具パーツを見事紛失、ワイアをオミットせざるを得ませんでしたのがとても残念。
003mkv1083
塗装は、基本色にガイアのシナイグレー(確か2の方)を使い、明度を上げながら、数段階をカラーモデュレーション風に吹きました。
004mkv1061

ウェザリングは、油彩、AKインタラクティブの塗料、ピグメントを使い仕上げています。

005mkv1074
砲塔後部のバケットに取り付けたシート風のものは、エポキシパテを薄伸ばしして、デカールを貼っていますの。
マーキングは、以前アーマーモデリングに附録として付いていたデカールを使いでっち上げました。
006mkv1056
シナイグレーは、実車の写真をみても写真撮影には辛い色で、露出の違いで、色調がかなり変わって見えます。
模型でも、写真によってだいぶ色合いが変わってしまうのが、面白くもあり、難しくもアリ。
007mkv1060
履帯など車体下部のウェザリングは、かなり控えめとしてみましたの。
理由は、どうしてもピグメントを使うと、置き場所が汚くなること、で、AKのアース系の塗料を少し使うにとどめています。
008mkv1059
009mkv1052
ライトは、タミヤのエナメルペイントマーカーの銀を塗ったあと、ガイアのジェルクリアを流し込んでレンズとしてあります。最近は、AFVのライトは、ほとんどこの方法で、気に入っていますの。
010mkv1077
本当は、フィギュアを乗せたかったのですが、適当なIDFの戦車兵が手元になく、アカデミーのフィギュアを途中まで作りかけたのですが、手に負えず断念ちゃん。

では、メルカバ君はこの辺で。
次回は、しばらくぶりのヤークトパンターの予定ですの。

追記:実は、ブログの更新が滞った理由にもうひとつありまして、パソコンが不調でしたのですな。
その影響で、ずっと使っていたAdobeのPhotoshop elementが使えず、折角撮影した画像の編集が出来ず、結果ブログが更新できなくて、ということが続いておりました。
その間にデジカメも不調となったり、ね。いわゆる踏んだり蹴ったり…でこうなるとなかなか意欲も萎えちゃう…
今回の写真は、iPhoneでの撮影ですの。画像はPhotoshopCCで加工しています。
やっと、という訳ですな。

|

« 1/700 アオシマ ワスプ その1~序章 | トップページ | ヤークトパンター フィニッシュ 改 »

現用車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38450/64089035

この記事へのトラックバック一覧です: メルカバMk3D フィニッシュ:

« 1/700 アオシマ ワスプ その1~序章 | トップページ | ヤークトパンター フィニッシュ 改 »