« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017/02/28

1/700 ワスプ その3

アオシマ1/700ワスプ、3回目は、塗装などと艦載機の様子です。
MR.HobbyのWWIIアメリカ海軍艦船迷彩色セット1をそのまま使い、シミ迷彩にします。
まずは、デッキブルーで甲板を吹き、一旦マスキングをしておきます。
301wsp3931
デッキブルーは、ところどころタンを吹いて、甲板の退色にしておきました。また、この段階では、飛行甲板の端っこは、船体色のオーシャングレイを塗る予定でマスキングをしてありませんが、その後、先達の作例や、写真(は、ほとんどないんですけどね)、組立説明図の塗装図に従って、全面をデッキブルーにしましたの。
302wsp3953
艦体側面のシミ迷彩は面相筆で筆塗り、色と色との境目は、ボケているのか、いないのか、も不明なのでしたが、どっちみち700というサイズではこだわることもなかろう、という訳で、当初 ぼかすように塗り始めたのですが、途中からははっきりと塗り分けています。ぜーんぶフリーハンドね。
303wsp3955

続きを読む "1/700 ワスプ その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/13

1/700 ワスプ その2 組立

長ーいこと放置したままだったアオシマの1/700ワスプ、その2でありますよん。
発売時に内容をチェックしましたが、その後、ヴァリエーションとして、初期(大西洋艦隊に配属時)の姿もキット化されたのかな。
艦船キットは、個艦の時期的な相違点を愉しむのもアリですね。
さて、ワスプですが、今回製作しているのは最終時。
201wsp3903
大まかな組立をしているところが上の写真、艦橋部分、飛行甲板はこの段階では未接着で、今後の製作計画としては、艦橋を組みつつ、船体のエッチングパーツを取り付けて、飛行甲板を接着、塗装にかかる、というものになります(というか、なりました)
202wsp3904
艦橋は窓枠の一部を汎用のエッチングパーツに交換し、その他の窓は、掘りなおしました。また、ブルワーク部分は思い切って全部作り替えることも検討しましたが、薄削りに留めています。ちょっと失敗したときのことが怖かったのですね。
では、続きをご笑覧くださいませ。

続きを読む "1/700 ワスプ その2 組立"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/08

タミヤ1/35 M10

タミヤMM350のM10を作ってみました。
今回は製作記はありませんで(最近こういうのが続いておりますが…)、完成画像をずらずら~っと並べてみます。
ギャラリーの方もニフティhomepageが終了してしまったので新規に作らないといけないのですがね…
さて、M10、であります。久しぶりの新しいタミヤのキットとなりますが、相変わらず作りやすく、また、実車の解説が復活しているのかな、一時よりも詳しいものが付くようになったのですね。
100m3853
M10は、中期型とのことですが、M4シャーマンの75mm砲の威力不足に悩んでいた米機甲部隊にとっては、救いになったといいます。米陸軍は、駆逐戦車の独立部隊としての集中運用は行わず、必要に応じて、戦闘団へ補助的に配備する運用だったようです。
101m3851
搭載した砲は、76.2mmのM7で、砲身長50口径といいますから、M4の75㎜砲よりも威力があったでしょう。
車体はM4A2を採用し、オープントップの回転砲塔を載せています。重いM7とのバランスをとるため、砲塔の後部にカウンターウェイトを搭載したため、独特の砲塔形状となりました。
んでは、続きをご笑覧頂ければ幸いです。

続きを読む "タミヤ1/35 M10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »