« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年4月

2017/04/15

1/700 フジミ 五十鈴 その3

フジミの五十鈴、3回目でありますが、やっとこさの完成であります。前回の続きで、基本塗装後のウォッシュなどを行い、何度かエッチングパーツの塗装剥がれを修正していきました。とともにエッチングパーツなど細かなパーツを多少追加、最後に張り線をして終了でありますの。
300is4216
ウォッシュなどの作業に備えて、飾り台をマスキング、ウォッシュと色付けのフィルター気味の塗装には、写真の塗料、油彩を使用しています。
301is4219
艦載艇は、レイテ開戦時には、9mカッターだけであったようですが、少し寂しかったので両舷2隻ずつとしてみました。内火艇は、降ろされていたでしょうが、雰囲気でね。(ただし、デリックの様子からみると内火艇は左舷に置くのが正しいようです。
302is4224
ウォッシュは軽めにして、船体の明るさが消えない程度に。
303is4226
とりあえず、ウォッシュ終了後の全景。
では、その後の作業の様子はありませんが、完成画像をば、例によってずらっと並べてみます。
310is4233

続きを読む "1/700 フジミ 五十鈴 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/06

1/700 フジミ 五十鈴 その2

フジミ五十鈴の2回目、今日は、基本的な組立の終了まで進みました。
艦橋、後檣、煙突は付属のエッチングパーツでできるだけディテールアップ。
201is4184
艦橋は、九四式射撃指揮装置、21号電探が、キットのデフォルトでは横を向いていますので、正面を向くようにして、取り付けます。21号電探は、基部をプラ材ででっち上げ。
202is4186
煙突の雨滴防止枠の向きがちょっと傾いてしまいました。ジャッキステーの位置も正確ではありません。
203is4188
後檣のボート用デリックは、一体を付属のエッチングパーツに置き換えました。三脚式の後檣上部は真鍮線に置き換え、横桁と縦棒は、久しぶりにはんだを使いました。22号電探は、ファインモールドのパーツを使う予定です。13号電探は、レイテ海戦時点では未装備であった(ついでに言えば、後檣の下部電探室かな?、のベースもキットより小さかったようですが、今回は基部はそのまま)とのことです。
今回は、小沢機動部隊に随伴したときの五十鈴にしてみたいと思いましたので、13号電探はオミットでありますよ。
204is4190
では、引き続き、組み上げまで一気に、ご笑覧ください。

続きを読む "1/700 フジミ 五十鈴 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »