« デュースアンドハーフ その2 | トップページ | タミヤ ブルムベア 後期型 その1~組立編 »

2017/12/24

Sd.Kfz.9とAh.116 その6

作りかけでこれも放置状態に近かったファモとAh.116。ファモの方をフィニッシュしましたので、お披露目でありんす。

701br5334
Sd.Kfz.9(FAMO)は、整備部隊に配備され、ドイツ軍の戦車運用上では、なくてはならない存在だったと思われます。物量において、大戦後半はもはや連合軍に圧倒されるしかなかった独戦車部隊にとっては、まだ使える車両の回収は必須であり、連合軍が戦闘後に撮影し、現在まで伝えられる独車両の様子や数を見るにつけて、まだ使えるのに回収できず、放置して撤退せざるを得なかったり、改修そのものに失敗したりした車両のいかに多かったかが偲ばれるところですね。
702br5339
さて、ファモですが、長いこと製作記が開きましたので、復習をば。
タミヤのキットに、エポキシパテで幌を掛け、別売りのアクセサリーセットから、駐鋤を取り付けた姿で、完成してみました。
特に手を加えなければならないキットではありませんので、パーツ数はそれなりに多いですが、タミヤらしい、作っていて楽しいキットでした。
では、完成画像をば、ご笑覧ください。

置いてけぼりのAh.116は、実は、トラペのオストヴィントを載せた状態で現在は本棚で出番待ち。ファモは、駐鋤を追加したことで、Ah.116を素直に牽引する姿とは、ちょっと離れてしまったので、一人だけのフィニッシュでありますよ。

703br5336
ソフトスキンのキットが好物ですが、インジェクションキットでは、幌のパーツが付属するケースは少なく、自作するか、アフターマーケットにお世話になるしかありません。でもレジン製の幌パーツは、そもそも数が少ない上に、海外メーカーのものが主流。なかなか入手できないのが現実です。
704br5341
いやしくもモデラーを自称する限り、ないものは作ろう、という精神を忘れてもいけません(笑)、今回のファモは、レジン製の幌をエポキシパテでかたどって作りましたので自作、というには気が引けますが(レジン製のものはちょっとサイズが小さかった)、なんとか、幌のように見えるところまで作れれば、作品の幅も増すというもんであります。
705br5355
幌は、実際には、掛けられていたことの方が多いはず。天候もそうですし、載せる荷物の保護を考えても、ふつーに使われるときには幌を掛けられていたはず。8tハーフトラックには(タミヤ、トラペ)幌パーツが用意されているのですからね、今後ハーフトラックを手掛けるメーカーさんに、幌を付けて!と嘆願しましょう。
706br5344707br5353
働く車両、でありますので(当時の回収作業の様子を写真で見ると、泥に埋まってしまった戦車などを引き出していたり、転覆した車両の周りにファモが集まっていたり、などその作業の過酷さが想像されます)、キズを普段よりもたくさん描き込みました。
708br5346
駐鋤の支持架は、付け根の部分から別売りパーツですので、製作中に、取り付ける必要があります。
写真は、荷台下部のワイア巻取り装置に実際に巻いたワイアを、支持架に掛けて、立てていますが、ワイアはあまりきつくできないので、すぐ倒れちゃいます(笑)
709br5351
場面を想定して、固定した方が健全ですな。
710br5347
足回りはピグメント数色を重ねて仕上げました。本来泥が乾燥した状態にしたいところですが、いつも書くようにこの辺りは模型的表現に留まります。
単品で飾る前提では、やはり実際を再現するよりも…、という訳ですな。
711br5364
キットには、エンジンが付属して、うれしいですが、折角なので、両側のカバーは外しています。
タイヤは軟質プラ製のパーツですが、これがウェザリングには、結構足かせとなります。ピグメントが定着しないのですね、作品は、ほんのりアクリルのアース系の色を吹き、フラットにしてからピグメントを乗せてみましたが、触ると落ちる(泣)
712br5363713br5370
エポキシパテで整形した幌のうち、乗員席部分は、接着固定済み(意図して、というより、パテが薄すぎて、取ったり外したりの強度がないのです)。
714br5375
後部。支持架の根元にあるピン状のパーツは未接着で、だから、支持架は動きますの。
723br5379
荷台は結構派手目に汚します。
721br5377
こんな感じで駐鋤の本体を荷台に格納するのですから、荷台がきれいな訳はない。
幌は、荷台部分は、当初固定するつもりでしたが、取り外しできるようにしました。
幌骨は、真鍮線に置き換えて強度を保ち、さらに間引いて、荷台に何かを載せるときに邪魔にならないようにしておきます。(幌自体は、幌骨が全部立っている状態を再現しています)
724br5381
本体を取り付けてみる、の図。ディオラマを作ってみたいという誘惑が…、ないか。
さて、大きさに圧倒される、以外にない、18tという牽引力を持った最大のハーフトラック。ファモ。
ほんとティーガーI と遜色ない大きさでありんすよ。
三重連を作ろうと思えば、巨大なディオラマとなる(Ah.116をけん引した姿でさえ、作者の普通の写真撮影艦橋では全体を撮影できない…)訳ですが、ま、そういうのは、思い描くだけに留めて、ね。

|

« デュースアンドハーフ その2 | トップページ | タミヤ ブルムベア 後期型 その1~組立編 »

ソフトスキン」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。タミヤの決定版のキットがありますが、派生型はレジンキットしかないのが残念ですね。
因みに、こ奴の牽引能力は単車で30tございますので4号戦車系までは単体での牽引が可能です。ブルムベアやフンメル辺りが限界の様ですよ。

投稿: 通りすがりでごめんなさい | 2017/12/27 23:18

通りすがりでごめんなさいさん、こんにちは。コメントありがとうございます。私もクレーンを付けたファモなどを作ってみたいものです。牽引能力が30tと言う事はパンターは一人では引けなかったのですね、一番似合いそうですが。

投稿: moppu | 2017/12/28 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38450/66195280

この記事へのトラックバック一覧です: Sd.Kfz.9とAh.116 その6:

« デュースアンドハーフ その2 | トップページ | タミヤ ブルムベア 後期型 その1~組立編 »