« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018/01/19

タミヤ ブルムベア後期型その3~ウェザリング編

ブルムベア、予定外に時間がかかっておりますが(笑)、ボチボチ見えてきました。

今日からは、ウェザリング編。
スミイレ作業、軽くウォッシュを掛けたところまでご笑覧ください。

まずは、大変彩度の高い基本塗装に、退色表現を施していきます。ここまでにデカールを貼り、細部の塗装を行っています。なぜか、写真が行方不明なのですが、基本塗装後、軽く半艶クリアを吹き(Mr.カラーの缶のやつね)、デカールは、付属のものとストックからでっち上げた砲番号を貼り(想定は第219突撃砲大隊所属車両で、45年には、春の目覚め作戦で、東部戦線にありました、その所属車両という見立てでありますよ)、写真に残っている同大隊の車両は、バルケンクロイツは描かれていないようでしたので(キットの塗装例も同様に砲番号だけ)、寂しいですが、番号だけとしていますが、デカールの乾燥後、もう一度軽く半艶クリアを吹き、さらにドライブラシを掛けて、乾燥後、ほんとに軽く半艶クリアを吹きます。
(軽く、という塩梅は、スプレーの「シュッ」のユくらいでやめる感じ(笑)、分かんないよね。
301bb5485
普段は、油彩を使うのですが、油彩は、質の高いものを使わないと、筆目が残り気味になります。今回は、数度に分けて、車両全体にドライブラシを行いますので、効果が強めなのと乾燥に時間のかかる油彩は、出来れば避けたいと考えました。
302bb5486
シュルツェンと車両本体部分をちょっと変えてみようと思います。シュルツェンは、数色の油彩を使用してアトランダムに効果が出てくれるといいな、という感じです。
油彩でもなんでも、最近はドライブラシには、手元にあるうちでもっとも柔らかい毛のものを使うようにしています。画面右下の筆がそれですが、時々、画材屋さんを訪ねると思いがけなく安価な掘り出し物も見つかります。
303bb5488
では、今日はあまり内容がないですが、続きをご覧くださいませ。

続きを読む "タミヤ ブルムベア後期型その3~ウェザリング編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/11

タミヤ ブルムベア後期型その2~基本塗装編

2018年を迎えてもう10日を過ぎました。なんとも時間は早く過ぎていくものかよ、と嘆息する今日この頃…

なんかいつもと調子が違いますが(笑)、良いお正月をお過ごしでしたでしょうか。
今日はブルムベアのその後。
基本塗装の次第をばざぁーっと行きますですよ。
その前にちょっと寄り道は、付属のフィギュア。組み立ててみました。
201bb5444
タミヤのMMシリーズは、必ずフィギュアが1体以上付属するのが伝統となっていますが、時に車両のキットそのものよりもフィギュアが欲しい、という場合があります。個人的にはM26パーシングの砲手の半身フィギュアがそれでしたな。このブルムベアに付いているフィギュアも出色ではないでしょうか。
202bb5447
歩兵の指揮官(かな?)の後姿なんて、ほれぼれしますね。

さて、本題の塗装編。今回は基本塗装の様子をば、ご笑覧ください。
まずは、塗装前の姿。
211bb5449
212bb5451
転輪などは、適当なものに両面テープで貼っておきます。今回は、特にポリキャップのおかげで塗装後に取り付けることが容易で、こりゃけっこうありがたいもんでありんすよ。この方式の足回りは、新版L70(V)からなのかな、昨晩ドイツ戦車キットのデータベースなるモデルアートの別冊を眺めていて、あれもゴム製の履帯だったのだ、と確認をしました。

続きを読む "タミヤ ブルムベア後期型その2~基本塗装編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »