« タミヤ ブルムベア後期型その3~ウェザリング編 | トップページ | ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その2~組立編2 »

2018/02/04

ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その1~組立編1

久しぶりにドラゴンのケーニヒスティーガー(正式名称は、ティーガーII型、B型)を作り始めます。

キットは、ドラゴンツィメリット版のヘンシェル砲塔タイプ。
さすがにドラゴンのキットは手が掛かりますので(というか、掛けたくなるというか…)組立編は2回に分けることにします。
100kt5489
ドラゴンのケーニヒスティーガーシリーズは、何種類ものキットが存在しますが、いわゆるスマートキット版(というのは、出来る限り異種素材=金属砲身だったり、ワイア、エッチングパーツを必要最小限にして、作りやすさに重点を置いたもの)ではなくて、プレミアムエディション版が、ベースとなっているのはツィメリット版でも変わりがないのでしょうか。
ま、このキット自体は、ドラゴンツィメリットコーティング済みキットのうちでも早くに登場したものですので、プレミアムエディション版がベースになっているのかもしれませんね。
101kt5491
例によって、選択パーツが多いので、箱はぎっしり。金属砲身や、必須のメッシュ部分がエッチングパーツで用意されているのは、別途エッチングパーツをアフターマーケットに求める必要がないのは、うれしいですね。(ただし、アタシはOVMのクランプだけはアベールでないと組めないのですが)
このキットは、履帯もマジックトラック版となっています。

さて、ドラゴンのツィメリットコーティングキットは、以前ティーガーIの中期型指揮戦車タイプで、経験済みではありますが、やはり自前でコーティングしないで済む、というのは、手軽でいいですね。モールドの感じも悪くありません。
ちょっと彫りが深めで男前かな、とも思いますが、自前で行ってもこれくらいになるでしょうという範囲かな。なんといっても薄く仕上がるのがよろしいです。
ただ、このキットの特徴としては、数か所にパーツの取り付け位置のモールドがない部分があるため、手ずからその部分を削ったりしなければならない、というところがあることでしょうかしら。
結構手間ではありました。
では、続きの次第をば、ご笑覧ください。

戦車のキットを組む時、今更ですが(笑)どこから始めるのがいいのでしょう?

ほぼ例外なく、キットの説明書は足回りから始まっているのではないか、と思いますが、ドイツ戦車に限らず、他の模型ジャンルと異なって、車輪の切り出しと整形、場合によっては組立も、は、同じ作業を延々繰り返さなければならない、苦行のような作業であります。
ゲート跡の処理、パーティングライン消し作業、というのは、このとき必須の作業ですが、十数個から数十個にも及ぶ車輪のパーツの処理は、時間もかかるし、盛り上がりもないし、とにかく手を動かすしかない、というものなのですね。(この点、ドラゴン・サイバーのオレンジボックス版で一部採用された「みたらし転輪」は、ある意味画期的な試みでしたが…(ま、全部あれで済ますわけには行かんだろうな…笑)
111kt5541
ケーニヒスティーガーの足回りは、これくらいのパーツがあります。このキットの場合、サスアームにゲート跡が残りますが、これが、本来のモールドの段差部分に生じているため、デザインナイフとペーパーで整形してやらなければなりませんでした。(ま、完成したら見えない、っちゃ見えないところではあります)
112kt5512
パンター、ケーニヒスティーガーの排気管は、それまでの車両のものとはかなり意匠が異なります。キットのモールドも異物混入防止の棒が再現されたgoodなものですが、奥行きが寂しい(写真右のヤツね)ので、折角のモールドですが、リューターを使い掘り直します。
で、ピンバイスで、見えなくなる下側に穴を開け、伸ばしランナーを刺して異物混入防止棒を再現してやります。
113kt5515
排気管の基部を保護する装甲カバーは、実車は鋳造製で、型によってヴァリエーションがあったといいます。
今回は、2種類用意されているうちのやや丸みがかったタイプを選択してみます。
問題は取り付けで、キットの指示通りに取り付けると、コーティングのモールドの上に、浮いたような感じになっちゃいますので、取り付け部分のコーティングパターンを削ります。
114kt5517
こういう処理は、現物合わせで十分です。両側を削って収めるとこんな感じ。
115kt5518
コーティングは、実車の写真を見ても、様々なパーツの取り付け基部は避けて施されているのが分かりますので、必須の作業ではあります。
同様に、車体前部、正面部分とサイド部分の接合箇所も、コーティングの厚み(山の分ね)分が、溶接のモールドと干渉してコーティングの谷部分が隙間になります。
117kt5514
このままでは、ちょっと不自然ですよね。で、固定後にパテを少し入れて、隙間を埋めておきます。
116kt5513
写真は、車体の下面。ここまでの作業で接着固定したところです。先の写真は車体の上面で、ここはまだ接着していません。
本来は、溶接痕の方が、コーティングよりも下になるはずですので、場合によっては、この溶接痕は、コーティングに隠れてしまっているのが自然かな、と思うところではありますね。
121kt5539
足回りの整形を終えてから、取り掛かったのは、砲塔。
上の写真はキットの説明図ですが、実は、砲塔左右に8か所ずつある予備履帯のフックを取り付ける位置が、モールドも何もなくて(一面ツィメリットコーティングなのれすら)、分かんないのです(苦)
仕方がないので、予備履帯を先に組んで、おおよその位置を現物合わせして、フックを取り付けることにしました。
122kt5531
上の写真は、砲塔の右側面。後方の取り付け部分を終えたところ、ね、前の方はなんもモールドがないのが分かっていただけますかしらん。
124kt5534
予備履帯を現物合わせであてがって、フックを取り付ける位置にピンバイスで穴を開け(貫通まではさせない)、平ノミでコーティングを削ります。結構しっかりしたコーティングのモールドは、削りにくいです。
また、コーティングのせいで位置合わせにマスキングテープが使えず(剥がれちゃうというか、密着しないので…ま、そのためのコーティングですからな)、現物合わせと言っても合わせるのが難儀です。
123kt5536
予備履帯はストックのものから。マジックトラックの残りや、タミヤの履帯を使い、ピン穴をピンバイスで貫通しておきます。
125kt5538
なんとか、らしい感じになった姿。
砲塔のこの作業を先に済ませたのは、もちろん理由がありますの。面倒なところを先に済ませてモチベーションを維持する(これって結構大切)のと同時に、他のパーツを取り付けちゃうと、この作業をしている間に破損しちゃいそうだから。
ドラゴン・サイバーの説明書は、パーツの番号が違っていたり、何故か記載がなかったりと、不評ですが、それでも、組立に取り掛かる前に、キットの様子を把握しておく方が無難です。説明書はとりあえず、パーツと照合しておけ、という訳です。
133kt5544
今回製作するケーニヒスティーガーは、ヘンシェルタイプの初期に近いもの。大体の製造時期は、44年6月以降9月までのどこか。ツィメリットコーティングがドイツ戦車に採用されたのは、44年9月まで。9月のいつか、はよく分かりませんが、無難なところでは、44年8月か9月の生産タイプとするのが良さそうです。
キットには、この頃のマーキングが数種類用意されていて、ハンガリーへ送られた国防軍503重戦車大隊、第1中隊がノルマンディー戦で車両を失い、本国でケーニヒスティーガーを受領後フランスへ取って返し、パリ付近での防衛線と撤退戦を戦ったSS第501重戦車大隊の車両などを選択できるようになっています。
生産時期だけで見れば、光と影迷彩が採用された時期とも一致しますが、当時の写真資料を見ると、コーティングありのケーニヒスティーガーで、光と影迷彩が明らかな車両は見当たらず(基本のパターンは同一なのですが、斑点がない)、通常の三色迷彩とするほうが無難かしら、という今のところの感想です。
このころ、一次的に車内塗装のエルフェンヴァインが省略され、オキサイドレッドのまま出荷された時期がありました。これも迷うところですね。
131kt5542
ま、どちらにするにせよ、という訳で、各部分と車内をオキサイドレッドで塗装しておくことにしました。
132kt5543
砲塔の内部も一応オキサイドレッドを吹いておきます。ま、仮にハッチを開けたとしてもよく分かんないですからね。
通常だと、この程度まで進んだところで、車体の上下を接着固定するところですが、今回、履帯の組み付け方法を迷っているため、もう少し未接着で進めていくことにします。上下を組んでしまうと結構不便も生じるのです(笑)
一方で、砲塔と、細かなパーツ類は、整形、組立して、進めておきます。
133kt5544
で、組立順ですが、まず足回りを決めていきます。非可動接着式の履帯は、組み付け時に結構手間がかかるもの。車体側には、あまり細かなパーツを取り付けておかない方が安全です。
従って、履帯の組み付けまで終えて、車体上下を接着固定、その後で車体側の細かなパーツを取り付けていくことにします。
上の写真は、足回りのパーツをオキサイドレッドで塗装した状態。これが陰吹きとなります。
141kt5545
塗装の乾く間に、砲塔側の細かなパーツ類を仕上げていきます。今回、ハッチ類はできるだけ開閉可動にしたいと思います。上の写真は装填手のハッチ、ピンバイスで穴を開けて、0.5mmのプラ材を通します。余計な部分は、後で切除。
真鍮線の方が丈夫ではありますが、回転軸がずれると、真鍮線ではトルクが強すぎて、プラパーツ(ヒンジのところね)を破損する、ということを今までに学びましたので、今回はプラ材でやってみることにしました。
142kt5546
これは車長用キューポラ。このキットには少なくとも2種類(その他に余分なパーツがあるんですけどね)、大きな違いは、排水用の溝があるかないか、あるキューポラの方が時期的には遅く、ただ、ヘンシェルタイプの砲塔に変更された時期とそれほど時期的に遅くないので、今回は、溝有りのタイプを選択しました。
143kt5548
車体前方のベンチレーターカバーも2タイプの選択式。砲塔に近い後方側が斜めにカットされているパーツは、これもカットアリの方が初期。今回組む車両は、44年8月から9月の生産車両という感じですので(ツィメリットコーティングがあるので、10月生産タイプにはしにくいのですね)、カットのない方を選びます。
ちなみに、ドラゴン・サイバーのこれくらいのキットを組む時は、写真のように付箋を使ってランナーの記号(写真では「O」ね)を書いて分かりやすくしておくといちいちランナーを探す手間が省けます。
144kt5549145kt5550
各ハッチの内側には、フィギュアを乗せることができるように、受けを作っておきます。タミヤのブルムベアとフィギュアセットに付属のものの余りを使いました。
写真の砲塔内部はオキサイドレッドのままですが、これは、この後白を吹いて、まだ車内塗装が行われていたものとしています。
146kt5552147kt5553
足回りのパーツを組みながら、砲塔側の組立が進んだ状態が上の写真です。まだ車体の上下は未接着です。
148kt5555
砲塔後部のハッチは、実際はもっと下までパタンと開くはずなのですが、ツィメリットコーティングを剥がさずに(ま、手抜きですな)ハッチ左右に伸びるバー部分のカバーを接着したせいで、ヘンなトルクが掛ってしまい(簡単に言えば、少しだけ干渉しているらしいのですな)、ちょっと浮いた状態になってしまったのが失敗。
151kt5558
非常に細かなパーツですが、意外と目立つのが、車長用の直接照準器、正面を向いたペリスコープ部分にキングタイガーの場合は2本細い針金みたいなものが溶接止めされていました。キットには、この再現のためにエッチングパーツが用意されていますので、ありがたく使います。
ちなみにキューポラを始め各ペリスコープ部分は塗装済み。ついでに、各窓部分の内側は黒っぽい色で陰塗りをしておき、ペリスコープのガラス部分はマスキングテープの細切りを貼って、本塗装に備えておきます。
152kt5565
さて、このキット。実は、ちょっとだけ目立つパーツが省略されています。排気管の下部の装甲カバーなのですが、実際は、左右にフックみたいなパーツが付いているはずなのですが、これがない。
パーツはもちろんないし、位置もモールドがありませんの。
該当するパーツは、自作してもいいくらいのものなのですが、モデルカステンのティーガーI 初期型のランナーに実は、付いているのですね。
153kt5566
履帯ピンのパーツのランナーの「6」番のパーツがそれですの。これ、各ランナーに1個ずつありますので、たくさんキングタイガーが作れます(ありがたいですが、そこまでの数は必要ないですよね)、アタシは手元に予備履帯のセットがありましたので、これから拝借しましたが、たぶん履帯のセットにも同じランナーが付いているだろうと思います。
154kt5567
写真や、3面図などを参考に位置はでっち上げます。で、こんな感じになりますの。やっぱりこれがないと、分かる人には分かるというか…、なんでこんなもん省略したんでしょうね)

では、組立編その1は、ここまで。
次回は、組立編2の予定でありんす。

|

« タミヤ ブルムベア後期型その3~ウェザリング編 | トップページ | ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その2~組立編2 »

ケーニヒスティーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38450/66328406

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その1~組立編1:

« タミヤ ブルムベア後期型その3~ウェザリング編 | トップページ | ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その2~組立編2 »