« ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その1~組立編1 | トップページ | タミヤ ブルムベア後期型その4~ウェザリング編・続 »

2018/02/04

ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その2~組立編2

ケーニヒスティーガー、組立編の2回目でありますよ。

155kt5569
車体を組んで行く前に、履帯を仕上げます。今回は、キット付属のマジックトラックをそのまま採用です。
枚数を数え忘れちゃいましたが、とろーりタイプの接着剤で、割としっかり目に接着していきます。
ティーガーII は、2枚1組の履帯ですので、巻き付ける際に、半端が出ないよう多少の注意が必要です。
201kt5570
足回りを、サンド系に塗装しながら組み立てることになりますが、弛みを付けながら、組んでみます。
弛みの目安は、起動輪から第3転輪へ、この段階では、履帯と転輪は接着しませんの。
ある程度の形作りのためにティッシュペーパーでフェンダー(正確には車体上部の左右への張り出し部分)の下に詰め物をして、癖を付けます。

さて、では、今回は、組立終了の図まで、ゆるりとご笑覧くださいませ。

履帯は、初めての試みとして左右とも2本ずつ上下に分割して組んでいますの。

202kt5572
合計4列。履帯は、1リンクずつを接着していき、適当に4本作って、その後は現物合わせで、枚数を調整し(間引いたり、足したりですね)先の写真のように一旦履帯を転輪、起動輪、誘導輪に巻き付けて、癖をつけておきます。
先の写真の巻き付けの段階では、接着剤は生乾き程度。履帯の端部を持って持ち上げるとたるーんとするくらい。で、このときに、鋭角にパキンと折れちゃうところは接着剤が足りていないところですから、接着しなおしておきます。
203kt5573
塗装のことを考えて、巻き付け時にはこの程度の転輪を組んでおきましたが、ティーガーII の場合は、各転輪の2枚一組になったディッシュの間に履帯のガイドが入り込みますので、今回のこのやり方はマネしないでくださいな。
組み付けの段階で、外側の転輪もちゃんと組みつけておかないと、履帯がキツキツで余裕がない場合、外部転輪が組み付けられずに最悪バラして組み直しとなりますの。
あたしは、多少履帯側に余裕があったので、ちょっと強引に外側転輪を後ではめることができましたが、履帯の接着剤が完全に乾いて、形状が決まってしまったあとで、センターガイドの高さ分履帯を引っ張りながら、転輪をはめる、という作業はせっかく組んだ履帯がきれてしまう恐れ、大、であります(切れましたゾな)。
204kt5574
ちょっと一息。ここまでの全体の組み上がりの様子です。砲塔は、前面装甲板の合いが今ひとつ。少し生じる隙間は、パテで埋めています。写真の白く見えている個所(ハッチ周辺を除いて)はパテを使ったところでありますよ。
205kt5575
履帯の組み付けが終わって一旦外した段階で、上下車体を接着固定しています。写真の後部装甲板と側面装甲板の合うところは、やはりパテを使ってコーティングの山谷モールドの隙間を埋めておきます。
また、フェンダーは取り付けないので、接着代をプラ材で埋めておきました。
206kt5576
車体前部も同様に。このキットの場合、前端部に多少隙間(ほんの少しね)が生じましたので、やはりパテを使いました。
207kt5577
無線手ハッチから車載機銃はこの程度の見え方になりますの。ハッチは、裏側(内側ね)の軸にストッパーを付けて、外れないようにしてあります。
ハッチのパーツの縁には、目立たないですが、パーティングラインがありますので、修整しました。
211kt5579
履帯は、Mr.カラーの8番銀、ダークアイアンを下塗りにし、仕上げにタミヤアクリルのダークアイアンを塗ります。全部筆塗りちゃん。
212kt5580
上の写真はアクリルダークアイアンを塗り終えたところ。触っているうちに結構アクリル塗料の塗膜が擦れて、下地の銀、ダークアイアン、双方の混色が、アトランダムに見えてくる、という訳ですな。
213kt5581
転輪などをサンド系で塗装(普段使っている色ね)し、車体下部はマホガニーを吹いておきます。
未接着の外側転輪も同様に塗装し、軽くスミイレと明暗付けまで終えておきます。
214kt5582
先に書いたように外側転輪を装着せずに塗装を終えた履帯を組み付けます。今度は、形が決まったらすべての車輪と履帯を接着固定します。写真は、履帯を取り付けたのち、ティッシュを詰めて、もう一度形を整えているところ。
221kt5584
写真の左に見えているのが、外側転輪。スミイレを行い、ボルトに油彩のネープルスイエローないしは、白を加えて明るくした色を乗せ、凸部分にjハイライトを軽く入れ(ドライブラシ的にね)、接地面は4Bの鉛筆を塗った状態。この程度が、転輪など車輪の基本塗装段階となりますの。
222kt5586
全ての転輪を取り付け終えて、詰め物を撤去したところ。
誘導輪は、このキットの場合、やや合が緩いので、履帯の長さと垂れ加減の調節は、誘導輪の位置を調整して決めました。と、言葉にするとこれだけなのですが、4本の履帯を、固くなる直前くらいの間に特に誘導輪に沿わせるのは、長さも調整しながら、履帯が切れないように、履板各々が固着しないうちに、仕上げなければなりませんので、結構難儀ではあります。
今回は、アタシ自身初めて履帯を上下に分割して嵌める方法を試してみた訳ですが、結論から言うと、普段行っているように上下に分割せず、一枚の長い履帯として組む方が楽でした。何故なら、上下分割法だと、接着固定する個所が2つになり、それぞれの作業が増える(ということは、単純に労力が2倍になるわけですな)のですね。このキットのマジックトラックは、各履板の結合が結構キツめで、一度接着剤を流した箇所が外れたりすると、再接着するときの遊びが少なくて、組みにくいことも理由でありました。
223kt5588
ま、何はともあれ、履帯の組み付けが終わって、一息ちゃん。
次は、いよいよOVMでありますよ。
231kt5590
多くの場合、拙作のティーガーI II は、OVM省略の姿で組むのですが(ヤレ感を出す表現のために、欠損を創出するのですな)、今回は、フェンダー以外は、OVMを取り付けます。44年秋の、この車両が多分配備されたときは、終戦までまだ半年。ですが、1両ごとの寿命は、余り長くなかっただろうと推測して、破壊されたり、遺棄された姿を再現するのでなければ、生存中の姿としては、欠損のある状態は相応しくないだろうと、いう訳ですね。従って最終的なウェザリングも控えめとしてみますの。

さて、本題に戻ります。履帯交換用のワイアは、キットデフォルトだと一体ですので、留め具の部分を残して、1本ずつ切れ目を入れて分割し、弛みを再現します。
232kt5591
車体に取り付けるとこんな感じ。
で、牽引用のワイアは、プラパーツが用意されておらず、タグアイにキット付属の金属製ワイアを取り付ける指示です。タグアイだけのパーツも入っています。その場合留め具はエッチングパーツを使いますの。
234kt5594
タグアイの前端と後端を含めての長さは24cmという指示ですが、24cmだとちょっと長いです。
また、タグアイは、固定具を再現した直方体のプラ材の中に埋まっていますので、デザインナイフで、固定具とタグアイの間に生じる隙間を再現しておきます。
235kt5596
エッチングパーツに置き換えてもいいのですが(パーツはキットにあります)、なんとなく今回はこうしてみたかった、のですね。理由はあんましない(笑)
236kt5597
車体側面には、各OVMの取り付け金具部分を示すモールド(コーティングのないところ)がありますので、プラ用接着剤と瞬着を使い、固定します。
ワイアは、ドラゴンのキットに付属のものは、キットによってはかなり硬く、焼きなましが必要なものと、柔軟に形状を整えることができるワイアとが存在していますが、このキットのワイアは柔軟な方で、取り付けにはあまり難儀しませんね。
ところどころ弛みを入れながら、固定します。右側はちょっと長かった。
237kt5600
ちょっとピントが行方不明ですが、洗棹の端は、穴を開けておきます。
238kt5601
車体左右それぞれを組みます。実は、洗棹のパーツは左右間違えちゃったのですが、特に問題は生じないです。
233kt5593
クレビスも今回は取り付けた状態に。タグアイのパーツと同様、ここもクレビス本体が、取り付け金具に埋まってしまっていますので、隙間を掘っておきます。で、固定用の蝶ネジはモデルカステンのパーツをおごっておきました。
その他のOVMは、クランプ部分のモールドが付いているもの、工具だけのもの、などが用意されています。
241kt5604
クランプは、前にも書いたとおりアベールのものを組みます。使う工具は、クランプ部分のモールドがそもそもないものをチョイスします。
242kt5605
各々の工具とクランプを仮に合わせているところ。各々のクランプは、この段階では、ちゃんと開閉可動します。この状態で、工具を通せるかどうか、狭いところは広げて、と調整しておきますの。
251kt5606252kt5607
ほぼすべてのOVMを組み付けて、組立終了の姿、であります。
砲身は、これもプラパーツと金属の選択ですが、金属砲身を選択しておきます。
マズルブレーキと金属砲身の結合部分は、マズルブレーキ側が半円しか開口していませんので、円形に開口部を整形しておかないと砲身と合いません。
253kt5609
前部フェンダーが付く箇所は、フェンダー本体を固定する板状のパーツがそもそもついていますが、これは、エッチングソーで切除しておきます。
254kt5610
各ハッチを開けてみます。
261kt5612
直接照準器は、実車の写真でも結構目立ちます。0.3mmの真鍮線で再現しておきます。寝かせている車両も結構ありますね。
262kt5613
ボッシュライトコードはキットにも金属製のパーツが用意されていますが、硬すぎて整形が難儀。おまけにピタッとは合いませんので、エナメル線に置き換えました。
263kt5614
機関部付近。フックなどは、昔のヤークトティーガーのキットと併用されていたパーツがそのままですので、気になる場合は、アフターマーケットのレジン製のフック(たしかタイガーモデルデザインにあったっけ)などに置き換えると見映えますね。今回は、そのままです。
264kt5615
背面。ジャッキは、ステー部分を薄く削り、脱落防止の(というか、上下のステーを接続している)棒を伸ばしランナーで再現しておきます。これがないと、ジャッキは落ちます(笑)

さて、では、ここまでで一応組立終了であります。
久しぶりのドラゴンの大物でしたが、これもたまには組まないと塩梅を忘れますね。ん、同じようなキットを何度も何度も作って、面白いか?、これがなかなか病みつきなのですな、ははは。
 

|

« ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その1~組立編1 | トップページ | タミヤ ブルムベア後期型その4~ウェザリング編・続 »

ケーニヒスティーガー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38450/66355890

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その2~組立編2:

« ドラゴン ティーガーB ツィメリット付き その1~組立編1 | トップページ | タミヤ ブルムベア後期型その4~ウェザリング編・続 »