« マケットの38(t) | トップページ | ドラゴンのチハ その5~完成 »

2018/04/07

ドラゴンのチハ その4~ウェザリング編後編

引き続き、ドラゴンの九七式中戦車チハ前期型(というのが正式な名称だったりします)を作っています。

401ch6470
油彩の乾燥を待って、車体上部を中心に艶消しクリアを吹きました。使用したのは、Mr.Hobbyの艶消しクリアで缶スプレーのヤツですな。
402ch6471
艶消しの効果がでると、油彩の効果はやや穏やかな感じに落ち着きます。薄く溶いた油彩は、乾燥するとマットな仕上がりになるものですが、車両全体におけるバランスで言うと、やや艶にムラが生じるため、やっぱり艶消しクリアは吹いた方がいいな、という訳なのでありますよ。

では、今日は、やはりあまり分量は多くありませんが、一応ウェザリングの終了まで、ここまで来ると、もう終わりが見えてきていますので、ちょこっとですが、ご笑覧ください。

艶消しクリアが乾燥して、落ち着いたら、もう一度油彩を使います。これは、特に決めてそうしているわけではなくて、その時々の感じで、今回はやや大人しくなってしまったのをもう少し味付けしてあげよう、という訳です。

411ch6478
油彩は、やや明るめのグレイにほんのり緑とバフ系の色をほんとに色が付いているかしら、というくらいの薄め具合でぺトロールに溶いたものを、大雑把に筆で置いていきます。
案配は、フィルターを掛けている感じ。梅皿には、今までに使った油彩が残っていますので、ボルト、鋲まわりなども薄くなったところなどを修正したり、パネルラインに墨を流し加えたり、していますの。
だから、この作業中は、行ったり来たりで、段階的に終えているわけではないのですね。
412ch6479
今回は、ハッチや、土地色の部分を中心にやや明るめのフィルターを掛けてみました。
で、油彩の梅皿はそのままにして、鋼表現を入れていきます。
421ch6480
鉛筆は6Bを平らに削ったものを使いました。履帯の、接地面、車体の角部分などなど、に鉛筆で鈍い銀を乗せていきます。これらは、隠し味的なもので、このあとの作業中余計な部分はあらかた落ちます。
じゃ、なんでこのタイミングなのか、というと、あまり強調したくないから、なのであります。落ちちゃって丁度いい、ということですな。
422ch6481
このとき、忘れずに入れるのがフェンダー付近、とくにエッジ部分には、載せておきます。
431ch6482
次に、いよいよピグメントでの仕上げ作業に掛かりますが、同時にオイル汚れを入れていきます。燃料の注ぎ口だったり、可動部(足回り)や機関部のハッチ付近など、オイルが垂れたり、余計に落ちて汚れたり、また、それらが流れたり、という痕を入れていくわけです。
使用するのは、タミヤのエナメル、クリア系の塗料で、今回はスモークと、オレンジかな、を使いました。
432ch6483
ピグメントは、普段使う梅皿にあるものに加えて、AKの042ヨーロピアンアース、Mr.HobbyのPW02と03の明るいサンド系の色を使いました。(普段使っている梅皿には、もう少し濃い目のダスト色、や黒、サビ色があります)
足回りは大胆に、アクリル溶剤を流しながら、ピグメントを盛大に振りかけたり、払い落として別の色を乗せたり、という作業を繰り返し、余計なピグメントを1色終わるごとに固めの筆で払いながら行います。
433ch6484
対して、車体上部は、もう最小限。くたびれた面相筆にすこーしピグメントを取って、入り隅だったり、際の部分にだけ置いていきます。
434ch6485
今回は、排気管部分のサビの感じは控えめにして、足回りを派手目にしてみました。
434ch6486
苦労したのは、履帯部分で、色のコントラストがなかなか出来なくて、油彩を使ったり、ピグメントの濃い色を入れてから、改めて明るめのサンドを入れたり、となんどかやり直しました。
オイルのシミなどは、ピグメントを乗せた上から入れたり、逆にシミの上にピグメントを乗せたり、とすべてが均一にならないように気を付けながら行います。
441ch6487
最後に、履帯部分を中心に銀を入れて、一通り、作業の終了でありますよ。
442ch6488
まだ、溶剤を使った箇所が乾燥していないので、最終的な感じが分かりません。
溶剤分が完全に乾燥するのを待って、再度全体の案配を確かめてから、ほんとのフィニッシュとします。
次回は、完成画像をご覧頂こうと思いますの。
もう一息ちゃん。

|

« マケットの38(t) | トップページ | ドラゴンのチハ その5~完成 »

九七式中戦車チハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38450/66582943

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンのチハ その4~ウェザリング編後編:

« マケットの38(t) | トップページ | ドラゴンのチハ その5~完成 »