« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年5月

2018/05/23

1/48 モスキート その2

タミヤのモスキート、2回目でありますよ。

AFV(ところで、「AFV」というのは、Armoured Fighting Vehicleの頭文字を採ったもので、装甲戦闘車両という意味ですの。いわゆる戦車とか装甲車両のことで、総称として使います。「陸モノ」という訳ですな、でも車もバイクもそういう意味では陸モノでありますからね、それと、昨今では、戦車以外のトラックとか火砲とか、これにフィギュアを含めて、他に呼びようがないので、「AFV」と総称しているのですな。こういうのも一回どっかでまとめてみましょうかね…)のプラモ作りが、特殊なのですが、ほぼほぼ組んでしまってから塗装を行うのに対して、飛行機は、どうやっても組みながら塗っていく、塗りながら組み立てる、という工程になります(あとで塗るんでは塗りにくい、ということと、飛行機プラモならでは、の流儀みたいなものです)から、組立編、というようなまとめはしにくいのですね、で、まま、おおよその手順に従って、その次第を記録していくことになります。
まんず、今回メインに使用する塗料。
201mqt6967
GSIクレオス(MR.Hobbyブランド、本ブログでは、クレオスだったりMr.ホビーとかとも呼称しています)には、様々な特色セットがあって、テーマに特化した塗料が3色程度箱入りになっていて、大変助かるのですが(だから、一度この楽ちんさに慣れてしまうと、他の塗料を使うことがますます少なくなる…、余り消費量が多くないので、未経験ですが、このうちの1色だけを購入することができるかどうか、は不明でありんすが)、今回も英軍機のセット3色(使うのは2色かな)と、機内色のセットからエアクラフトグレイグリーンを採用ですの。
購入してから、めったに使わないので、フタを開けると溶剤成分が揮発しています。Mr.カラーのありがたいところは、真溶媒液で、これを復活させることができる点でもありますの。今回もお世話になりました。
さて、では、続きをばご笑覧ください。今回はあんまり進んではいません…

続きを読む "1/48 モスキート その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/01

1/48 モスキート その1

ずっとAFVの製作ばかりが続いていましたが、とんでも久しぶりに飛行機を作ってみようと思います。

飛行機模型初心者への道、第…、ん、何弾目だっけか。(この間に以前作った飛行機を調べる…っと)
はいな、今回が10機目でありんしたよ。
ちょうど20機への道も半ば。折り返しでありますな。
お題は、大好きなモスキート。
100mqt6959
タミヤのキットは、機首と機首下面に機銃を装備した戦闘爆撃機型、夜間戦闘機型、とこの爆撃機・偵察機のコンヴァーチブルと3種類あるようですが、アタシの好きな機体は、爆撃機型。
ご存知の方も多いと思いますが、モスキートは、当初、無武装で高速というのが売りでしたのですね。
時速600キロを超える最高時速、多分爆装していても500キロ後半の実用速度が出たはずですから、当時としては、もうこれに追いつける機体はなかったのですね。
だから、武装も必要ない、という割り切りが好きです(笑)。
それでも、機体自体に、そして単発でも高性能なマリーンエンジンの双発が産む兵器としての余裕とで、7.7mm機銃と20mm機関砲を4門ずつ搭載して、戦闘機としても使える、という訳で、搭載弾量は当然減少したものの、高速を活かして夜間爆撃の護衛だったりにも、魚雷を抱えて、艦上双発攻撃機として、だったりにも、後には使いまわされることになるのですが、やはり、個人的には、思いっきり割り切ったこの爆撃機型が好きです。
今日は、パーツのご紹介をば、以下ご笑覧ください。

続きを読む "1/48 モスキート その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »