653大隊の車両たち

2017/11/29

エレファント 完成

さて、今回はエレファントです。P虎と同様、何年も前に組立を終え、なんとなく、理由もないまま、塗装に取り掛かることなく放置してあった作品でした。

キットはプレミアムエディションのエレファントで、フェンダーなどに大判のエッチングパーツが用意され、金属砲身が付属する、というドラゴン・サイバーの白眉といっていい時代のキットでした。
まだツィメリットコーティングがモールドされていない時代のキットでしたので、コーティングは、エポキシパテ+コーティングローラーで施しています。
201ep5204
車両と一緒に写っているフィギュアは、たまたま製作中だったもので、エレファントとの関係性はありませんです、はい。
202ep5212
砲番号の設定と塗装は、フィクションで、実際の324号車を再現したものではありません。
では、以下、完成画像をば、いつもと同様にご笑覧ください。

続きを読む "エレファント 完成"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ポルシェティーガー 完成

製作記としては物足りない極みではありますが、P虎もフィニッシュしました。

組立後、けっこう長いこと未塗装のまま放置してあったものですが、数年程度のスパンでは、プラに生じる経年劣化の心配はなさそうです。
もちろん、ホコリまみれにしたりすれば、その限りではないだろうと思いますけど…
201ptg5182
このところ、完成作品をまとめてブログにアップしていますので、あんまり変わり映えせんなぁ、という気も…(笑)
202ptg5167
今回は、ウェザリングは、かなり控えめのフィニッシュであります。とくに普段強調する油彩とピグメントの使用はごく控えめで、できるだけ「きれいな」仕上がりにしたいな、と思ったのでした。
では、完成画像をば、以下ご笑覧ください。


続きを読む "ポルシェティーガー 完成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/05

ポルシェティーガーとエレファント その1

ずいぶんと以前に(こういうのが最近多いですな)組立まで終えて、未塗装のままだった作を塗装して仕上げてみます。

お題は、P虎とエレファント。
いずれもドラゴンのプレミアムエディションかそれに準ずるキットでした。
まずは、塗装前の様子から。
100ptg4993101ptg4992
ポルシェティーガーは、1両だけが実戦配備されました。配備先は656重戦車駆逐連隊の653重戦車駆逐大隊、本部車両で、「003」のターレットナンバーを付けられた車両の写真が残されています。
エレファントは、当初フェアディナント、とポルシェ博士のファーストネームを付けられましたが、クルスク戦の撤退戦を行ったあと654重戦車駆逐大隊の残余車両を譲り受けて、653重戦車駆逐大隊のみに再編された機会に、ツィメリットコーティングや、車体の対歩兵用火器として機銃の増設などを行われて、「エレファント」と生まれ変わりました。
100ep4988
エレファントのキットは、いくつかあるフェアディナント、エレファントのうち、フェンダーなどがエッチングパーツとなっているプレミアムエディション仕様のもの。
両作ともできる限りエッチングパーツを取り付けて組み立てています。ツィメリットコーティングは、エポキシパテ+コーティングローラーで行っています。
それでは、塗装の様子をば、ご覧下さいませ。

続きを読む "ポルシェティーガーとエレファント その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)