ヴィルベルヴィント

2009/08/17

ヴィルベルヴィント その6

完成

世の中はお盆休みも終わって、という一日ですが、なぜか今年は一日休みが
多く、せっせと更新作業中、であります(笑)
ちまちま仕上げを行っていましたヴィルベルヴィントくん、完成です。
ロコ組にしてあった足回りにピグメントで汚しを施し、組み付け。
砲架、砲塔を載せて、やっとこさらしい姿になります(笑)。

完成後の姿はギャラリーの方でご覧下さい。

4w601

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/08

ヴィルベルヴィント その5

前回からかなり空いてしまいましたが、基本塗装後クリアを吹き、デカールを貼って、さらにもう一度クリアを吹いたところまで進んでいました。

ちゃんと写真を撮っていたはずでしたのですが、デカール貼り作業の前後の写真がない!
で、すでにつや消しクリアを吹いたあとの状態から…(^-^;すみません…

4w501

続きを読む "ヴィルベルヴィント その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/27

ヴィルベルヴィント その4

なんだか最近はいくつかのキットを並行して作るのが当たり前になっちゃっていますが(笑)、いーのか、悪いのか…、塗装工程ではエアブラシ、乾燥、というどうしても時間を置かなくてはいけない作業が入りますし、その間の時間がもったいないし…ネ。また盛大にパテを使ったりしているとその乾燥時間も半端ではいけませんね、勢いあれもこれもという状態に…(^-^;、願わくはちゃんと全部完成しますように…

さて、では、ヴィルベルヴィントくん、です。
前回ほぼ主要部分の組み立てを終えていました。
今日はOVMなどを取り付け、基本塗装まで一気に(笑)

4w401

続きを読む "ヴィルベルヴィント その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/21

ヴィルベルヴィント その3

今日は時間もなく、お天気も良くありませんでしたので、マチルダの塗装は進まず、少しだけヴィルベルヴィントの組み立てを続けました。

今日のところの姿です。

4w302 4w303

とても60有余年前の車両には見えませんね、Sd.Kfz.251のD型も秀逸な形状だと思いますが、まったくもう少し実用的な感じでもよかったのでは?と改めて思います。これに比べるとM16スカイクリーナー(ミートチョッパーというあまり好きでないニックネームもあるようですが)は同じ4連装対空砲でもつまらない感じですネ…笑

続きを読む "ヴィルベルヴィント その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/15

ヴィルベルヴィント その2

昨日、今日と暑かったですねえ…ふう。
みなさん、お元気ですか?私はやや暑気あたり気味…、
暑いのは苦手です(^-^;

ヴィルベルヴィントの2回目、砲塔を組んでみました。
Wirbelwind とはつむじ風という意味だそうです。
特殊車両番号はSd.Kfz.161/4とキットには書かれています、
「対空戦闘車両」にも同じ番号が記載されています。
仮に合わせた車体に砲塔を載せてみました。
砲塔は前後2分割ですが、薄ーい装甲板の溶接表現部分での
接着です。すり合わせが多少必要です。
(少しだけパテを使いました)普通の戦車型とは全く違った印象
で、面白いです、まったく、もうちょっとシンプルな形でもよかったん
じゃないだろうか、と思います。

機関砲はやろうと思えば可動にすることもできそうですが、今回は
欲をかかず写真の位置で固定しています。可動にする場合は
照準器と連動するアームの工作が必要ですネ。

4w201

続きを読む "ヴィルベルヴィント その2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/13

ヴィルベルヴィント その1

先週1週間、更新をさぼってしまいました…(^-^;
フィギュアをあれこれいじっていたのですが…どうにもこうにも…
いくら下手なりの製作記といえ…ご覧頂けるような次第には
ならず…M26のディオラマは、だから進んでいません…、ならば、
と3tの幌の工作を始めたのですが、これも梅雨時のジメジメで
幌が乾燥せず、進まないし、あげくポリパテがダウンしていて
(未開封で7年ほど…さすがに使えませんでした…(^-^;)

で、溜まったフラストレーションをぶっとばそう!と先週末、
モケモケでドラゴン出たばっかりの新製品、ヴィルベルヴィント
を購入、土日、他の作業をすべて放り出して(笑)、作り始め
ちゃいました…

4w101

特徴的な砲塔は写真のようにブリスターパック様のもので、
保護されて箱に入っていました。説明書はところどころ不明な
ところがあるのはもう御愛嬌…ですね。あんまりこだわらずに
せっせと取りかかることにします。

続きを読む "ヴィルベルヴィント その1"

| | コメント (3) | トラックバック (0)