現用車両

2016/08/21

メルカバMk3D フィニッシュ

いやいやいや、長の無沙汰となってしまい、申し訳ありませんでした。

なかなか体の具合が落ち着かず、長時間机に向かうのも難儀でありんしたのです。
もうね、一日仕事に行くのが精いっぱいちゃん、休日は体を休めることに専念するよりない、という日々が続いたのでありますよ。
それでも、細々と手を動かすことだけは続けていたのでした。
作りかけの作品、塗装してなかったヤツなんかを手掛けておりました。
新作には手を出せませんで、今回から何回かは、ブログ休止期間中にフィニッシュした作のお披露目と相成ります。
それでは、参りましょうかね。
メルカバ3D
001mkv1050
組立後、長く放置状態でしたが、滑り止めの再現に使った重曹が、かなりサフを吹いてあったにも関わらず、湿気の多い時に溶け出す、というトラブル(といっていいと思う)があって、その水分取り(溶けちゃった重層の除去=なかなかそのままでは蒸発しないのですな)に時間を掛けました。
一旦落ち着いたと思われたところで塗装を行ったのでありましたが、今年の梅雨時になって再発、これをまた除去して、汚しを掛けて、やっとこさのフィニッシュと相成りました。
結果的に、溶けちゃった重曹の部分は、滑り止めが剥げちゃっていますが、ま、これも一興、(はは、実を言えば修正が大変なの)と思い、そのままでありますが、塗装を終えてしまっていたので、剥げちゃったところは白く塗料も剥がれてしまいましたのを、汚しでごまかしておりますの。
002mkv1067
作りかけキットを長く放置する場合は、未取り付けのパーツの紛失に留意しなければなりません。今回、アタクシメは、ワイアロープの金具パーツを見事紛失、ワイアをオミットせざるを得ませんでしたのがとても残念。
003mkv1083
塗装は、基本色にガイアのシナイグレー(確か2の方)を使い、明度を上げながら、数段階をカラーモデュレーション風に吹きました。
004mkv1061

続きを読む "メルカバMk3D フィニッシュ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/25

メルカバMk.3D vol.6

最近のモデリング・ライフ

実に長いことの無沙汰となりましてございます、平に…m(_ _)m
ほとんど模型に触れない日々が続いたあと、パソコンが絶不調とありなりまして、フリーズとリセットを繰り返すこと半日近く、でやっとまともに起動するかしないか、という状態が続いております。

たまーにちゃんと動くと、半日くらいは動いているのですが、いつフリーズするか、という案配で、そんなこんなだと意気もくじけちゃうのでありんすな、これが…

んじゃ、模型は作っておるのか?というとこれもなかなか…でありんして、まとまった時間が取れないので、あれやらこれやら、少しずつ手を入れたり直したり、中途半端で放置してあったのを手掛けたり…最近は模型屋さんにも足が遠のいておりまする…(^-^;

メルカバクンの続き

んで、これも放置中であったメルカバくんでありますが、その後、サイドスカートなどを取りつけまして、フィギュアなんかも載せたりして、おりますの。

600mk7709

サイドスカートは、フレーム部分にチェーンを仕込み(ほとんど見えないんでありんすよ、これが。三つの輪っかのうち、取り付けた後でも見えるのは真ん中の1個だけ、なのですな、仕込むのは思ったより大変なのです、費用対、労苦対効果、でいうとお勧めはできませんな、まったく…)、スカートも一枚ずつ切り離してから接着しておりますのですがね…メルカバ愛が足りないのか…

続きを読む "メルカバMk.3D vol.6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/21

メルカバMk.3D vol.5

滑り止めの再現

メルカバの製作においての今回のキモは、滑り止めの再現でありました。
実車は、車体、砲塔の水平面にはほぼ例外なく一面に砂粒をまぶしたような滑り止めが施されているのですが、初回にも書きましたけど、これの再現がポイントで、手近の素材を検討してみましたが、結局粒子が揃っていることが一番の理由で、アーマーモデリング7月号で紹介されていた重曹を使用することにしました。

501mk7526


タミヤの溶きパテをシンナーでさらに薄めながら、細筆でボルトなどの細かなモールドを避けて塗り、乾燥する前にパパッと重曹をまぶします、パテが乾燥固化したら、柔らかい筆で余分を払い落す、と、文字にするとこんだけなのですが(笑)、これがなんともまた実に時間がかかりました。

502mk7528

案配は手探りでありますが、パテは色つきのシンナーよりもちょっと濃いくらい、が粒子のノリがちょうどよく、シンナー分が多すぎるとやや重曹が溶けるのか、粒子感が失われますし、パテの成分が濃いと重曹の粒子がパテに埋もれてしまい、これまた実車のような粒粒感がなくなりますので、その辺のパテの濃度の調節、といかに乾燥するまでに重曹を振りかけることができるか、これはもう試してみるほかはないのでありんすな。

503mk7532

重曹は最近ではドラッグストアなら500gから600g程度の大袋で200円そこそこ、食卓塩の空き瓶に重曹を詰め替えて使いましたが、指でまぶすのではまぶし加減の調整が難しいので、やはりこうしたアイテムがあった方が楽でした。
余った(もちろん余る、…使ったのはほんの数gから十数g程度ではないかしらん)重曹は家人が掃除に使います(笑)

続きを読む "メルカバMk.3D vol.5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/03

メルカバ Mk.3D vol.4

カメさんモデリングのメルカバですが、いよいよ組立も佳境。

砲身の各部にはちょっとだけヒケや、実車にはない分割線が生じますので、パテを使いました。

401mk7488

砲塔の前面の勘合部分も少々隙間が気になります。
概ねはカバー状に上から取り付ける板状のパーツで隠れますが、砲身側の側面は割と大きめな隙間が残りますし、ね、ここもパテを使います。

402mk7490

メルカバの砲塔は、何かに似ている…そー、ミレニアム・ファルコンに似ているのです、と思うのはアタシだけかしら…

続きを読む "メルカバ Mk.3D vol.4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/24

メルカバMk.3D vol.3

ほぼ週末限定モデリングでなかなか進みませんが、メルカバは履帯の組み付け、陰吹きまで終えました。

301mk7469

履帯は非可動連結組立式、説明図の指定は片側106枚でしたが、結果105枚を使用しました。
履板の接地面にはゲート跡風の突起がありますので、ここは整形してあげました。
押し出しピン跡のようにみえる丸いモールドには何を意味するのかアルファベットが刻まれていて、ま、目立たないので、ヤスるのは止めておきましたが、なんでしょうね…

塗装前の写真を撮り忘れておりましたので、陰吹き後の様子。

311mk7471

もちろんまだまだ全体を組めるところまでは進んでおりませんので、今日は足回りだけの陰吹きでありんす。

続きを読む "メルカバMk.3D vol.3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/19

メルカバMk.3D vol.2

メルカバ3Dの2回目であります、足回りの組み立てを進めました。
ウワサの(笑)一発抜きの誘導輪がコレ。
内部にポリキャップを裏側から仕込んで蓋をしますが、これで一体成型です、すんごいです。

201mk7453

2枚貼り合わせでも別に良さそーなもんですが、これだけ別にシュリンクパックされているところをみると、「どーだ!」というメーカーの主張がありそうですな(笑)

起動輪は通常の貼り合わせですが、よくある普通のキットでは歯にゲートがあったりして、きれいに整形するのが難儀なものもあったりします、メンモデルのこのキットは、ちゃんと歯のパーツに伸びているゲートがアンダーゲートになっていて、切り出すとき、整形するときに神経を使わなくて済みます、パーツ数は膨大ですが、それでもところどころにこうした配慮があって、印象や良し。

202mk7456

んでは、足回りの面倒な工作を続けることにします。

続きを読む "メルカバMk.3D vol.2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/17

メルカバMk.3D vol.1

ベスト・セラーなんかは世の中がかまびすしいうちはなかなか読む気になれない性質でありまして、1Q84なんかはやっとこないだ文庫本の第1巻を買ってきて読み始めた…などというもんなのですが、プラモデルの場合は、タミヤなど国内主要メーカーのものならいざ知らず、輸入物のキットだったりすると買い逃すと思わず後悔することもなくはないわけで、買っちゃいましたMENG modelの新製品、メルカバMk.3D初期型、であります。

100mk7451


そもそもIDFの車両も含めて、現用車両にはそれほど興味のないままここまで来ておりましたのですが、どうもね、いけません、ネットや雑誌でチラミをしておりましたが、例のチェーンカーテンがプラで出来ている、ということを知った辺りから気になり始めました。

どうせね、すぐ売り切れちゃうだろう、そうなったら縁はなかったもの、とあきらめりゃいいサ、とモケモケさんへ新入荷になっても、横目にしておりました、が、どーしても気になる、あきらめの悪い事態が続いておりました…

続きを読む "メルカバMk.3D vol.1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/26

LAV-R その2

季節は移り、あれほど暑かった夏の記憶も薄れ、あったかなかったか分からないほどあっという間に秋も過ぎ、木枯らしどころではないクリスマス寒波、思い返せばLAV-Rの1回目の記事を書いたのは真夏のことでありました…ははははは…

宿題もたくさん抱えながらの年の瀬、できるだけできるところまで頑張ります、(^-^;、ということで実に4カ月ぶりのLAV-R、組立を終えました。

201lavr9381

足回りにどうしても8輪が接地しないという難を抱えていましたが、裏返すのはNGちゃん、とりあえず横から見た目には接地しているようにつじつまを合わせるのに時間がかかり(テンションが下がり…減退し…、…)、ながらも他の部分はパーツの整形に時間がかかるだけでとりあえずの姿とありなりましてございます。

続きを読む "LAV-R その2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/19

LAV-R その1

こちらは平日模型親父どもの部屋主催、装輪装甲車祭り、のお題にと選んだピラーニャLAV-Rであります。
お盆休みであったとはいえ、なかなか毎日模型作りにだけかまけているわけにもいきませんで、あまり進んでいません…(^-^;
休み中に一つくらいはちゃんと形にしてみたかったのでしたが…くやしー、です。

100lavr7474

トランペッターのキットは見事な出来のものとなまなかに手を出せないものとが混在していて実に楽しい(負け惜しみでんな…)のですが、このキットはAFVクラブのストライカーと比べると「えっ」というくらいパーツ数も少なくて、見た目にラクチンそうであります…

続きを読む "LAV-R その1"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/07/21

ストライカーM1128 MGS その2

ホビーショップモケモケ月例展示会6月のお題、「タイヤ付き」から帰還しましたM1128。
中途であったウェザリングを行い、取り付け位置を間違えていたパーツを付けなおすなどして、フィニッシュです。
ウェザリングはピグメントで足回りを中心に、またウォッシュなども少し足して修正しています。
例によって画像はギャラリーの方にアップしましたのでご覧いただければ幸いです。

ちょっとだけフィニッシュ画像をば。

200mgs7339 210mgs7342

続きを読む "ストライカーM1128 MGS その2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)