飛行機

2018/05/23

1/48 モスキート その2

タミヤのモスキート、2回目でありますよ。

AFV(ところで、「AFV」というのは、Armoured Fighting Vehicleの頭文字を採ったもので、装甲戦闘車両という意味ですの。いわゆる戦車とか装甲車両のことで、総称として使います。「陸モノ」という訳ですな、でも車もバイクもそういう意味では陸モノでありますからね、それと、昨今では、戦車以外のトラックとか火砲とか、これにフィギュアを含めて、他に呼びようがないので、「AFV」と総称しているのですな。こういうのも一回どっかでまとめてみましょうかね…)のプラモ作りが、特殊なのですが、ほぼほぼ組んでしまってから塗装を行うのに対して、飛行機は、どうやっても組みながら塗っていく、塗りながら組み立てる、という工程になります(あとで塗るんでは塗りにくい、ということと、飛行機プラモならでは、の流儀みたいなものです)から、組立編、というようなまとめはしにくいのですね、で、まま、おおよその手順に従って、その次第を記録していくことになります。
まんず、今回メインに使用する塗料。
201mqt6967
GSIクレオス(MR.Hobbyブランド、本ブログでは、クレオスだったりMr.ホビーとかとも呼称しています)には、様々な特色セットがあって、テーマに特化した塗料が3色程度箱入りになっていて、大変助かるのですが(だから、一度この楽ちんさに慣れてしまうと、他の塗料を使うことがますます少なくなる…、余り消費量が多くないので、未経験ですが、このうちの1色だけを購入することができるかどうか、は不明でありんすが)、今回も英軍機のセット3色(使うのは2色かな)と、機内色のセットからエアクラフトグレイグリーンを採用ですの。
購入してから、めったに使わないので、フタを開けると溶剤成分が揮発しています。Mr.カラーのありがたいところは、真溶媒液で、これを復活させることができる点でもありますの。今回もお世話になりました。
さて、では、続きをばご笑覧ください。今回はあんまり進んではいません…

続きを読む "1/48 モスキート その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/01

1/48 モスキート その1

ずっとAFVの製作ばかりが続いていましたが、とんでも久しぶりに飛行機を作ってみようと思います。

飛行機模型初心者への道、第…、ん、何弾目だっけか。(この間に以前作った飛行機を調べる…っと)
はいな、今回が10機目でありんしたよ。
ちょうど20機への道も半ば。折り返しでありますな。
お題は、大好きなモスキート。
100mqt6959
タミヤのキットは、機首と機首下面に機銃を装備した戦闘爆撃機型、夜間戦闘機型、とこの爆撃機・偵察機のコンヴァーチブルと3種類あるようですが、アタシの好きな機体は、爆撃機型。
ご存知の方も多いと思いますが、モスキートは、当初、無武装で高速というのが売りでしたのですね。
時速600キロを超える最高時速、多分爆装していても500キロ後半の実用速度が出たはずですから、当時としては、もうこれに追いつける機体はなかったのですね。
だから、武装も必要ない、という割り切りが好きです(笑)。
それでも、機体自体に、そして単発でも高性能なマリーンエンジンの双発が産む兵器としての余裕とで、7.7mm機銃と20mm機関砲を4門ずつ搭載して、戦闘機としても使える、という訳で、搭載弾量は当然減少したものの、高速を活かして夜間爆撃の護衛だったりにも、魚雷を抱えて、艦上双発攻撃機として、だったりにも、後には使いまわされることになるのですが、やはり、個人的には、思いっきり割り切ったこの爆撃機型が好きです。
今日は、パーツのご紹介をば、以下ご笑覧ください。

続きを読む "1/48 モスキート その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/07

ファインモールド1/72 F-14B? 修正版

しばらくぶりの更新は、以前製作したF14D改めなんちゃってBの修正版でありんす。

当時一旦はフィニッシュとしたのですが、主翼基部下面のパイロンの向き、ひいては、スパローとサイドワインダーの向きが、どうにも怪しい。

親切な方から、ご指摘を頂いて、どうやら原因は、パイロンの向きが違うらしいと、いうことだったのですが(その節はありがとうございました)、今回、やっぱりそのままでは落ち着かないので、一旦外して、付け直してみましたの。

400tom1front

どうでしょう? ミサイルの向きが前を向くようになりましたかしら?

402tom3piron

原因は、どうやら、左右のパイロンをテレコにしていたことにあったようです。(「どうやら~ようです」とイマイチ確信がないのは、メインの大っきなパイロンに取り付ける、スパローとサイドワインダー用のパイロンが、メインのパイロンを入れ替えると、組み付けダボも逆になってしまって、収まりが悪いのです・・・、説明書をもう一度じっくり眺めましたが、結論としてはよく分かんないのでありんした)

ともあれ、いちおう違和感がなくなりましたが、まだヘンじゃないか、というご指摘をありがたく頂戴したいと思います。どなたか、ご教示願えれば幸いです。

 

続きを読む "ファインモールド1/72 F-14B? 修正版"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/01/31

1/48 P40B ウォーホーク

またまた長の無沙汰と相成りましたが、今回は、(いきなりですが)トランぺッター1/48 P40Bでありますの。
久しぶりの飛行機でもありんすよ。
なかなかの失敗作でもありました(泣)
100p40b3585
なにはともあれ、完成画像をば。
101p40b3671
キットもま、それなりの水準といっていいでしょうかしら。特にデカールが(一応カルトグラフ製となってはいたけど…)なかなかの曲者で、硬いし、軟化剤に弱いし、すぐに割れるし…(経年の劣化の影響が多少あるかも…)、パーツの接着面が確保されていないし、モールドも…、という次第だったのでありんす。
特にデカールが大変だったせいで塗装も修正を繰り返したため、製作中の写真も、結果的にほんとの姿を反映したものでないため、思い切って割愛し、完成画像のみとしてみました。
 

続きを読む "1/48 P40B ウォーホーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/01

1/72 F-14D~B? その3~完成

ファインモールド製1/72トムキャット、フィニッシュです。

300tom3173
デカールの完成後、クリア吹き、スミイレ、汚し、という手順を踏んだのですが、中途写真がないので、代わりに完成画像をば、お披露目であります。
301tom3142
フラットクリアは、ご覧のMr.カラーを使いました。混ぜた案配は、これも手さぐりでしたので、ちゃんとわかっていませんが、クリアに対して3割くらいが最終的なところ、それでも、ベースがツヤ有りですので、なかなかツヤが消えませんでした。
302tom3143303tom3146
上下吹いて、出来る限りデカールの段差を消して、スミイレは、油彩の黒にグレイと茶を加えたものを適宜使いました。
んで、最終的なフィニッシュは、スミイレっぱなしでオーバーコートは省略というものでありました。
310tom3148311tom3152
仕上がりは、思った以上に濃淡が強くなってしまいました。
手探りの製作でしたが…、ま、これも結果でありますな。恥ずかしながらの完成画像をばずらっと並べてみますの。

続きを読む "1/72 F-14D~B? その3~完成"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015/10/25

F-14D その2

気づけば10月ももう最終週。A-6Eは必ずしも成功とはいい難かった結果でしたが、その反省を踏まえて、のF-14トムくんであります。
デカールを無事入手できましたので、塗装に掛りました。

201tom3095
塗装に係る前に、キャノピー後部のパネルを接着、同時に各所のアンテナ類も接着します。
202tom3096
排気ノズルと周辺のパネルも固定します。ノズル周りは、マスキングすることにします。
203tom3097
これは、機首周辺のアンテナなどですかな(実は写真を撮ってからしばらく時間が経過しているので、このショットの意味するところが分かんなくなっておりますの、はは、キャノピーを固定した状態かしら)
204tom3099
お腹の方もアレスティングフックなどを取り付けて、脚庫の内部も一応白を吹いておきますが、ここは、後で改めて塗装しなおすことになるかも。
さて、それでは、塗装の次第をば、ご覧ください。今日はデカール貼まで一気に進んでおりますよん。

続きを読む "F-14D その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/12

1/72 A-6E その3~完成

イントルーダー、ウェザリングを行い、フィニッシュとしました。

301int3037
デカール保護のためにもう一度ツヤ有りクリアを吹き、タミヤのスミイレ塗料(ダークブラウン)でスミイレをしましたが、茶色が強すぎて、汚しにぼかしを入れると茶が強く出てしまいます。
302int3038
そこで、油彩の黒に切り替えて、これにグレイやバフを加えたものでウェザリングを行いました。
303int3041
当初はきつめに、いろんな箇所に汚しを入れましたが、ややくどい表情になってしまったので…
304int3043305int3046
あらかた綿棒で落とし、乾燥するのを待って、艶消しクリアを吹いて、フィニッシュとしました。
キャノピーやコックピットのマスキングを剥がし、完成です。
312int3047
もちろん、その間に翼を取り付けたり、外れた爆弾を付け直したり、アレスティングフックを取り付けたり、という手順を踏んでいますけどね、主翼は、瞬着を使って固定しています。それでは、初めて72の現用機をフィニッシュしました。その姿をご笑覧ください。

続きを読む "1/72 A-6E その3~完成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/10

1/72 A-6E その2

イントルーダーの2回目。今日はデカールを貼ったところまで進んでいます。

まずは、コックピットの塗装直しから。
201int2998
適当に色を差してみました。多少はらしくなったかも。
爆弾などは、サフを吹いてから塗装します。
202int3001
ロービジ塗装の下面色は、308番を明るめにしたものを吹き、さらに白を足した色を部分的に重ねておきます。
203int3002
手さぐりで行うよりありません、なんたって初めてのロービジ塗装なのです。
204int3005
折りたたむ主翼の断面は、キットのままでは寂しかったので、伸ばしランナーでコードを追加。でも完全なフィクション。実機の写真ではもう少し構造材か、ステーのようなものが見えているようですが、よく分かんねえのであります。

続きを読む "1/72 A-6E その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/24

1/72 A-6E その1

実質的にF-14Dと並行して製作中なのが、タミヤの72(中身はイタレリ)A-6Eイントルーダーであります。

100int2976
ファインモールドの傑作F-14Dとは、対照的にかなりのベテランキット.。イントルーダーの名前のとおり低空で侵入してのピンポイント攻撃を主眼とした攻撃機です。
なんと機銃も装備していないのですよ。並列複座というのも特徴的ですが、操縦系統はパイロット側にしかないという割り切り。長く米海軍の主力攻撃機として艦上にありましたが、この機体も既に退役して、F/A-18に後を譲っていますの。
101int2977
キットはパーツ数も少なく、精密さとかでは、最新F-14Dに見劣りしますが(ま、手軽に入手できるイントルーダーのキットとしては貴重。ハセガワのヤツは凸モールドなのですね)、折角なので、デカールとシートだけでもおごってやります。シートは。アイリス製。絶品でありますね。ほんと。デカールは、72のA-6用って全然ないのですが、奇跡的にモケモケさんに残っていたマイクロスケールのものをゲット。ロービジなのが気に入りました。キットに付属のデカールは、海軍がVA-36ロードランナーズのロービジで、もう1種類は、マリンコのムーンライターズ、これはハセガワのキットにも同じムーンライターズのよりロービジらしいマーキングがあって、三日月のマークが印象的なので、ムーンライターズならハセガワを採用ということになるのですが、個人的には、「NAVY」と入れたいのでありますよ。ハセガワのもう1種類はVA-35ブラックパンサーズのマーキングで、大きなパンサーの図柄がいいけど、ハイビジ。ハイビジのきれいな機体は、米海軍機らしくて好きですが、今回はロービジに挑戦してみたい、という訳なのですな。ただ入手したマイクロスケールのデカールはどれも地味。ロービジなんだから当たり前なんだけど。
111int2980
製作は、実はキャノピーのマスキングから始めました(はは、トムキャットのキャノピーの塗装があったので、ついでにね)、もう飛行機は塗りながらしか組めないので、仕方ないです。
そいでは、トムキャットに比べると記事の分量が見劣りますが、基本的には結構手間のかかっている製作次第をば。

続きを読む "1/72 A-6E その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/23

1/72 F-14D その1

さて、シルバーウィークもほぼ終了、おかげでゆっくりと体を休めることが出来ましたが、明日からはまたお仕事であります、まだ休みたい、のは夏休みが終わってしまう、あの気分とちっとも変っておらず、宿題がないことだけが不幸中の幸い…

今回は、マガジンキットのF-14Dトムキャットを作っています。
100tom2928
言わずと知れたモデルグラフィックス付キットのアレでありますよ。豪勢にもスケビのミサイルも使っちゃいます。
ホビーショップモケモケの10月のお題がジェット機(だっけ?現用ジェット機だったかも)、なにやらウラではF-15祭りなどが行われるようですが、残念ながら小生空軍機にはとんと関心がなく、イーグルもあんまり好きな機体じゃない、と来ているので強者ぞろいとなるであろうF-15は敬遠し、積んでおかず、とっとと作るという銘そのままに挑戦という次第でありますの。
キットは、飛行機初心者でもストレスなく、ハセガワもフジミも72もヨンパチもF-14初めて(むかーしどこかの小さいトムキャットのプラモを作った記憶はある、まともなキットではなかったような…)、という筆者でもいまのところ特に問題を感じるところもないまま作ることができます。
傑作というに相応しいのでしょうけど、従来のキットの大変さを知らない身としては、感慨もイマイチなのが申し訳ないですが…、でもいいキットだと思いますな、なんといっても初心者でも組めそう。惜しむらくは、マガジン付という形態かしらね。
101tom2930
飛行機模型の常道として、コックピットから、というのはもうキットの組立手順上仕方のないところですが、今回は、スケビ付属のミサイルから組み始めました。
整形してから塗装。サフ吹き→白→黄、赤茶(赤で塗ってますけどね)のライン→本体のグレイ→翼の黒、という手順ですが、大失敗は、付属のデカールにちゃんと黄、赤茶のラインが入っていることに気づかないまま塗装し始めちゃったこと。無駄な時間でした…
102tom2936
気を取り直して、基本塗装を終えたところ。
103tom2946
これにデカールを貼って、さらに翼などを塗り分けてフィニッシュ。わずか3枚の写真で終わってしまうのがもったいないほど実際には時間が掛っていますの。大体ミサイルとか増槽とかの貼り合わせと修整作業ってアタシのもっとも苦手とする作業のひとつなのでありんすよ、だから飛行機は敬遠してしまうのでありんす。
さて、今回は、とっても長い(というのもこの数週間分の作業がギッチリ詰まっているから仕方ないのです)ですが、お付き合いのほどをば。

続きを読む "1/72 F-14D その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)