ナスホルン

2011/07/18

Sd.Kfz.164 その7 フィニッシュ

先週は後半更新をさぼってしまいましたが、ちゃんと(笑)製作は続けておりました。
まずはナスホルンですが、フィルター塗装から油彩での細かな表情付け、ピグメントでのウェザリング、と進み、フィニッシュしました。

701nas3039 702nas3042

上の写真は油彩での表情付けとアクリルのバフで車体下部にホコリ汚れを吹いた段階ですが、実はアルコール落としなどを試みておりまして(これはやはりベースがアクリル塗料でありましたので完全NGでありました…)、例によって行ったり来たり彷徨の次第で写真が撮れておりませんです…(^-^;

んで、完成後の姿は、でありますが、これまた例によってギャラリーの方でご覧いただけましたら幸いです。
以下はちょっと中途半端な最後の製作記であります、ご寛恕をば…m(_ _)m

続きを読む "Sd.Kfz.164 その7 フィニッシュ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/12

Sd.Kfz.164 その6

実は(でもないですけど)パンターと並行して塗装作業を行っているナスホルン、今日はその後であります。
前回までに迷彩塗装まで終えておりましたが取り付けを忘れていたパーツを発見したり、そのために塗装を一部行い直したり、と紆余曲折…、まずはロコ組にしてあった履帯足回りを塗装し、組みつけるところから。

601nas2946

履帯は陰吹き後転輪を塗り分け、Mr.カラーのダークアイアンを塗布、ちょっと筆がおどったところなどもありますが、このあと修整しました。

んで、車体に組んじゃいます、やっとちゃんとした姿となりました。

611nas2947 612nas2949

今日は油彩での仕上げ塗装の途中まで進みました、どうぞ続きをご覧ください。

続きを読む "Sd.Kfz.164 その6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/07

Sd.Kfz.164 その5

サンドを吹いたナスホルン、迷彩を吹き、細かなパーツを取り付けてほぼ基本塗装の終了まできました。
(前回サンド色の調色を書いた記事がその4であります、今日はナスホルンの5回目)

500nas2918

このところ同じような三色迷彩の車両ばかりでしたので、今回は予定を変更してハードエッジのしかも白、緑、サンド、の三色迷彩としてみました。
マスキングをしながらの塗装作業は緑を吹くところから戻って続きをご覧いただこうと思います。

続きを読む "Sd.Kfz.164 その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/05

サンド色の調色 試み1

今日はストックが無くなったサンド色を作ります。
ちょうどのナスホルン、陰吹きまで行ってありましたので実験ちゃん。
まずはサンド色を作っていきます。
用意したのはタミヤアクリルのダークイエロー(XF60)、バフ(XF57)、白(X2)。

441nas2886

結果的に今回はまだ完成ではありませんです、一応ナスホルンのベース色は吹きましたが、サンドの基本色となる色が不満でありました(ちょっと暗いのであります)、今日は時間切れでしたのでまた次回。

続きを読む "サンド色の調色 試み1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/18

Sd.Kfz.164 その3

今週ちまちまと組立を進めてきましたナスホルン、やっと組立の終了です。
ちょっと難儀だったのは車体の各装甲板の組み合わせでした。
とくに機関部上面は少し隙間が開きましたので思い切ってプラ材を挟んで調整しています、また側面装甲板の合いもわずかに隙間が生じましたのでパテを使用しています。

301nas2705 302nas2706

特にどこかでミスをしちゃった自覚はないのですが(笑)、アタシの腕のせいなのかキットの性質なのか…不明でありんす…

んでは、ちらっとそのほかの部分を含めて次第をば…

続きを読む "Sd.Kfz.164 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/15

Sd.Kfz.164 その2

ナスホルンの2回目は砲部分の組立です。
主砲の2ピースになっている前側はアルミの挽きものですが揺架の上に位置する基部に近い部分(それぞれの名称は分からんです…(^-^;)はプラの貼り合わせとなっています。
まずはその基部に近い部分(根元の方)を揺架に合わせます。
揺架はこれも左右貼り合わせのパーツ、上(内)側は砲身に隠れますが(ふたも付いている)、下側は見える部分もありますので合わせ目はパテで整形しておきました。

201nas2692

揺架の後端もパテで合わせ目が目立たない程度にしておきます。

202nas2693

砲のキットでは揺架のパーツが左右貼り合わせになっているものが多いですね、で、この貼り合わせの部分は完成後も結構見えちゃいますので整形が難儀な部分でもあります、ごく最近のキットでは揺架が左右の2分割ではなく底部を分割して3分割になっているものもありますね(底部に接着線が出ない)、このキットはいろんなパーツのモールドもちょっと前の意匠のように感じられます、一番新しいナスホルンのキットはどうなっているのでしょうね…

続きを読む "Sd.Kfz.164 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/12

Sd.Kfz.164 その1

88mmPak/43はヤークトパンター、ケーニヒスティーガーの主砲として当時最強の対戦車兵器でありましたが、基本的にはその同じ砲を4号・3号戦車車台に載せたのがナスホルン(初期型はホルニッセと命名されていました)でした、DMLはなぜかこのナスホルン好きとみえこれまでいくつもキット化されていますが、今回はちょっと前のプレミアムエディション仕様のナスホルンを組んでみます。

000nas2565

一部アルミの砲身、マジックトラック、に弾薬箱の蓋などのエッチングパーツが用意された「プレミアム」ヴァージョンのキットです、白状しますと改訂ナスホルン、ホルニッセというところも持っていたのでしたが、結局作る機会を逸したまま過ごしていました、これはしばらく前にプレミアム版ということで買い直したものですが、現在は3in1のキットが出ていて、そちらの方が最新のナスホルンのキットということになります。

んでは、これまで作ったことのなかったナスホルン、初体験記であります(^-^;

続きを読む "Sd.Kfz.164 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)