ケーニヒスティーガー

2012/01/15

CH 最後期型 ウェザリング~フィニッシュ

越年モデリング第2段だったキンタくんもいよいよフィニッシュです。

前回からの続き、まずはAKインタラクティブのアースエフェクトで若干色味を加えました。
フィルター塗装風に、車体側面やら、ホコリ汚れが乗りそうな個所を選んで、軽く。

700kt5932

次いで、チップにはファレホのダークラストと排気管部分だけにはMr.カラーの水性のほうで錆び色を。

702kt5931

これらをスポンジで細かく描き込みました。

701kt5930

さて、その後、作業中の写真はないものの、ピグメントを使い、足回り、車体下部を中心にウェザリングを行い、フィニッシュしました。
以下はその後の姿となりまする…

続きを読む "CH 最後期型 ウェザリング~フィニッシュ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/10

CH 最後期型 其伍 仕上げ塗装始め

Sd.Kfz.250/9に続いてキンタくんも同様に仕上げ塗装にかかりました。
基本塗装をしっかりと乾燥させて、半ツヤクリアをしっかりめに吹いてあります。
半ツヤクリアをしっかりめに吹いた理由はSd.Kfz.250/9とは異なって取り掛かるまで或いはウォッシュをきつめに行うべきか、と迷っていたため、でありました。
ウォッシングをきつめに行う場合は塗装面はツヤがあったほうがトラブルが少ないのでありますね。

250/9で行った仕上げ塗装の方法をまずは順に追って行きました。
最初はハンブロールエナメルでのドライブラシから。

601kt5896

基本塗装の色がかなり違いますので、ごく軽めに行いました。

続きを読む "CH 最後期型 其伍 仕上げ塗装始め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/03

CH 最後期型 其四 基本塗装

キンタくんの続きであります。
前回付け忘れたエッチング・パーツが、と書いたのですが、間違いでした、付けなくてよかったのでした、で、組立は終了。
塗装にかかりました。

401kt5732

塗装の前処理として、アルミの砲身とエッチングパーツにタミヤのメタルプライマーを吹いておきます。
いちいち筆塗りでもいいのですが、砲身などはスプレーを吹いちゃった方が塗り残しもなくて、楽ちんなのです。

続きを読む "CH 最後期型 其四 基本塗装"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/01

A Happy New Year ! 2012 とキンタ最後期型 参

例によって、良いお年を、と書いてからまだ数時間、ですが、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

越年モデリングは予定通りキンタくんの製作を続けておりました。

301kt5710

手が止まりそうな気配だったOVMのクランプ、ホルダー周りをやっつけ、一部パーツの取り付け忘れ(写真を撮っていて気づいた…)があるものの、組立終了の図、であります。

続きを読む "A Happy New Year ! 2012 とキンタ最後期型 参"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/28

CH 最後期型 其弐 組立つづき

さすがに組立編1回では済みませんネ、今日は装甲板の表情付けなどを行いました。

201kt5690

さらさらタイプの接着剤(Mr.セメントSを使っていますが、タミヤの緑キャップの方でも同じ)を装甲板に塗布し、筆毛のばらけちゃった古い筆(こういうのを捨てずに取っておきます、古い歯ブラシでもOKですが、細かなところに施すときは筆の方が楽ちん)でトントンと叩いたり、意図的に筆目を付けたりします。筆はこの作業を行うと完全にダメになってしまいます。
塗装の用には立たなくなった筆は、でも割とこういうとんでもない使い方があったりしますから捨てちゃうのはもったいないですね。

続きを読む "CH 最後期型 其弐 組立つづき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/26

CH 最後期型 其壱 組立

Sd.Kfz.250/9の塗装の乾燥待ちにさて、何を作ろうかしらん、と積んであるキットの山を眺めるに、ふむ、久しぶりに、という訳で取りだしましたのがサイバーブランドでの新しいキンタくん、45年に入ってからの最終生産タイプを(3月くらいのかしら)再現した、いままではエッチングパーツやらなんやらに頼らないと作れなかった車両でありますが、どうやらこれは年越しモデリングになりそうですが、ふんばりましょ。

100kt4823


久しぶりのキンタくんですが、数種類のヴァリエーションキットを重ねてきたおかげか、パーツの印象は悪くはありませんです、惜しむらくはせっかくの鉄道輸送用狭軌履帯が一部は新金型のパーツが用意されているものの、一番大きな履板は以前のパーツのようで、押し出しピン跡などが強烈なこと、くらいでしょうかしら。

続きを読む "CH 最後期型 其壱 組立"

| | コメント (0) | トラックバック (0)