火砲

2018/03/17

6ポンド砲 その3 完成

6ポンド砲ガンポーティの続きでありますが、まずは訂正から。前回の記事でガンポーティのトラックを”シボレー”と記載していましたが、これは誤りでした。正しくは”ベドフォード”製のトラックでした。

さて、前回は、油彩での作業まででしたが、油彩の乾燥後、デカールを貼り(これ、ほんとは、デカール貼の方を先にすべきでありますよ、今回は、デカール貼るところはツヤを維持したまま作業していましたので、例外ね)、その乾燥後、フラットクリアを吹いて、やっとピグメントでの仕上げ作業を行います。
3006pd6152
今回使ったのは、Migのピグメントのうち、砂漠辺りの色を砂色、ホコリ色として三色ほど、と黒、サビ色がやはり三色ほど。
3006pd6154
足回りは、見えないですが、シャシーや荷台の裏側も入念に(笑)、粉作業ちゃん。(ま、この辺は気分的なもんです、はい)、左側の雑具箱がひとつ、油彩の作業と粉作業で使った溶剤(ぺトロールとアクリル溶剤)の影響からか、シャシーへの取り付け位置から、折れて、取れちゃいました。
接着部分を加工してまた取り付けることも可能でしたが、取れちゃったあとの感じが、割といいので、ま、これはこれで、壊れちゃってる風でいいことにします。
3006pd6155
タイヤの汚れは、トレッドに残す程度に最後に落とします。
3006pd6157
主役であった筈の6ポンド砲は、チッピングも派手目にいれてありますので、ピグメントは、砲架部分になんどか施す程度で仕上げました。
んで、最終的に、ガンポーティになった姿がこちら。
3046pd6193
以下、完成画像をば、例によってずらずらずらっと並べてみます。ご笑覧ください。

続きを読む "6ポンド砲 その3 完成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/14

6ポンド砲 その2

いきなり画像は、なんか可哀想な姿のトラックでありますが、

2016pd6109
前回の予告(?)を変更して、新作どころか、旧作も旧作のリフレッシュシリーズの続きなのでありんすよ。
これは、イタレリの名作、シボレーのガンポーティなのです、はい。
むかーし、そう、もう多分15年から17年くらい前に組み立てて、ガッサガサの艶消し塗装で塗って放置してあったヤツ、これの塗装を剥がした姿なのであります。
2026pd6110
ところどころに残る塗装がその名残り。昔の(ま、今市場にある再販のもそうかもしれないけど…)イタレリのキットは、モールドは二の次、やたらパーツ割が精密で、その割に合わない(ごめんなさいな)、というキットが多かったですが、これは、割と合いの問題はなかったキットでしたっけ。
そう、先日、タミヤの6ポンド砲を作りかけていましたが、実は、このガンポーティに載せてあげたかったのですな。

んでは、どーなりますことやら、続きをお楽しみくださいませ。

続きを読む "6ポンド砲 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/28

ひさしぶりのちょこっと製作記38(t)と6ポンド砲

長くプラモ作りをしていると、ありません?

昔作ったプラモにふいに出くわすこと。(といっても懐かしいキットにプラモ屋さんで出会ったとか、という詩的なことではなくて)久しぶりに部屋の整理なんかをしていると、何が入っているのか全く記憶のない箱の中に、ま、これはいいや、ちゃんと保管しておかなくても、と(多分その時に)思って、割と雑に放り込んであった、今見ると恥ずかしい出来の作品を見つけちゃうこと。
そうなんですよね、よーく見るとパーティングラインも十分消せていないし、パテの埋め後の処理も雑。ただ塗ってデカールなんかを貼っただけで、塗膜も十分とは言えない。艶消しの度が過ぎて、塗装面はガサガサ。パステルも、なんか塗ったくっただけ、で、見るに堪えない…
10138t5943
今回見つけちゃったのは、38(t)でした。上の写真は、前記のような不十分かつそのままでは、なんともならない塗装を一旦剥がして、パーツなんかもブラッシュアップしてあげた後の姿(へへ、従前の状態を晒すのはさすがにちょっと…気が引けるので写真撮ってなかったりする)なのですが、たぶん、イタレリをベースにして、マケットのパーツをコンバートしたんじゃないかと思うのですが、B型をベースにしているようで、でもちょっと詰めが甘い、という…
10238t5944
で、なんとかなるかしらん?と手を掛け始めたのです。
まずは、アクリル塗料で塗装してあった塗膜を、デカールごと剥がします。当時(いつのことなのか正確にはもうわからない…作ったのは間違いなくアタシなんですけどね、記憶も記録もない…当然、このブログにも書いた覚えがない=たぶん、ブログ開始以前なのではないかと…)は、未だクリアを吹いてはいなかったようで、アクリル塗料の薄い膜しかありませんので、塗装を落とすのは特別な作業も道具も必要なくて、綿棒にアクリル溶剤を浸して、根気にこするだけ。
保護していないデカールは、塗装面に乗っかっているだけなので、一緒に剥がれてくれます。
10338t5949
んでね、OVMを置き換えて、クランプ代わりのバンドをエッチングパーツの余りからチョイス。履帯はタミヤのマーダーのもの(たぶん…ストックに何故か残っていた)に置き換えて(従前は組立式のヤツを履いていたので、これは、モールドの感じからもマケットのものかと)、ついでに、間違っていた起動輪と誘導輪をモデルカステンの38(t)系列用起動輪・誘導輪セットからおごってやることに。
ジェリカンラックは、プラ材で自作。砲塔後部の機関室上にラックを載せた作例が多いですが、あの場所だと絶対砲塔が後ろを向かないので、サイドフェンダーの上に設置して、砲塔と干渉しない位置に変更しました。
ついでに排気管は、支持架もなんもなくて空中に浮いていたのをステーをプラ材で追加して、車間表示灯もストックから置き換えてあげます。
というところで、一応みられるかな?という感じですが…どんなもんかいな…

続きは、タミヤのMM初期の名作に挑戦していますの。どうぞご笑覧くださいませ。

続きを読む "ひさしぶりのちょこっと製作記38(t)と6ポンド砲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)